"就労支援事業部"の記事一覧

「事業所見学」はミスマッチを防ぐ【最大】の就労準備メニュー~広域事業編~

就労支援事業部のカツです。いやぁ暑いですね。みなさん熱中症にはお気をつけください。今回は「大阪府生活困窮者等広域就労支援事業」の就労準備メニュー「事業所見学」をご紹介します。 前回記事:就労準備メニュー「農業体験」「まち歩き」の驚くべき効果とは!?~広域事業編~  みなさんは就職で以下のような経験はありませんでしょうか?  …

続きを読むread more

60歳を過ぎてからの自分探し~広域事業編~

みなさん、こんにちは。現在、当館の広域就労支援事業で事業所支援を担当しているナルセです。今日は私がA´ワーク創造館に来た経緯を書かせていただきます。古い話ですが、1981年大学を卒業後、新卒で務めた会社は百貨店でした。そこで1998年まで務め、外食産業に転職、そちらで2016年までお世話になりました。通算35年間企業に務めたわけですが、…

続きを読むread more

【就労チャレンジ事業】認定就労訓練事業所について

スタッフのムラセと申します。今回は、「大阪市就労チャレンジ事業」の認定就労訓練事業所で、実際に訓練を受け入れてくださった事業所の声を紹介します。 大代ゼンテックス株式会社業務部 部長 金ヶ崎 一郎さん  弊社は以前より就職困難者と言われる方々の雇用や職場実習を数多く行っており、そういった事から平成29 年6 月よりNPO 釡ヶ崎…

続きを読むread more

【就労チャレンジ事業】訓練を受け入れることで、「新たな学び、発見」が、見つかるかもしれません。

スタッフのムラセと申します。今回は、「大阪市就労チャレンジ事業」の認定就労訓練事業所で、実際に訓練を受け入れてくださった事業所の声を紹介します。 ヒューマンライツ福祉協会 障害者就労支援部 総合就労支援グループ マネージャー 西川 喜美子さん 当法人では、障がい者やシングルマザー等の就労支援を重要課題の1つとして取り組んでいます…

続きを読むread more

就労準備メニュー「農業体験」「まち歩き」の驚くべき効果とは!?~広域事業編~

みなさま新年あけましておめでとうございます。就労支援事業部のカツです。本年もA´ワーク創造館のブログをよろしくお願いします!就労支援事業部の新年初のブログは「大阪府広域就労支援業」で企画している就労準備メニューの中から「農業体験」と「まち歩き」について詳しくお伝えします。 自治体から「農業体験やまち歩きって就労の役にたつの?意味が…

続きを読むread more

【就労チャレンジ事業】あらゆる事業所の方へ 人材確保と社会貢献のために「認定就労訓練事業所」に、登録してみませんか?

スタッフのムラセと申します。今回は、「大阪市就労チャレンジ事業」の認定就労訓練事業所について紹介します。 認定就労訓練事業所。漢字ばかりで、堅苦しくて、なんだかよくわからないですね。 これは、普通に就職することが難しい方々の支援のために、実際のお仕事の一部を提供していただき、「訓練事業所」として登録していただいている事業所(会社)で…

続きを読むread more

【高校生のキャリア教育 (就労支援) 】卒業後の就労に向けて、アルバイトにチャレンジ!

こんにちは、キクチです。当館では、若年層の就労支援を担当しております。今回は私がキャリア教育コーディネーターとして関わっている「大阪府立西成高等学校」での取り組みを紹介いたします。 進路指導課とのコラボ企画「アルバイト応援ミーティング」を12月15日に実施しました。ご担当の先生方が作成して下さったポスターも良い感じですよね!さすが…

続きを読むread more

【就労チャレンジ事業】「勤務に向けたトレーニング」で、勤務につながった女性のおはなし。

こんにちは、スタッフのムラセと申します。今回は、「大阪市就労チャレンジ事業」を利用され、次のキャリアにつなげられた方の体験記を紹介します。 ●50代半ば 女性の場合離婚協議中に生まれ育った区に帰ってこられ、娘さんとの2人暮らし。経済的な問題もあり自立支援相談窓口を訪問されました。高校卒業後、約8年間の会社勤務の経験あり。12年ほど…

続きを読むread more

就職の不安がなくなる練習メニュー=『就労準備メニュー』とは!?その② ~広域事業編~

就労支援事業部のカツです。みなさんお元気ですか?今回の記事では、前回ご紹介した「就労準備メニュー」について、もう少し詳しくお話したいと思います。 ▼前回の記事▼「就職の不安がなくなる練習メニュー=『就労準備メニュー』とは!?その①」 「就労準備メニュー」はわかりやすくいうと「就職の準備をするためのメニュー」です。スポーツに練習や…

続きを読むread more

【就労チャレンジ事業】「勤務に向けてトレーニング」で、次のキャリアにつながった男性のおはなし。

スタッフのムラセと申します。今回は、「大阪市就労チャレンジ事業」を使われて次のキャリアにつなげられた方の体験記を紹介します。 【60代半ば 男性の場合】大学卒業後数社で勤めるも、どこも1年程度で退職。昭和58年に印刷会社を辞めて独立起業したが、顧客がつかずすぐに廃業となり、これを機に引きこもり状態となってしまいました。90歳過ぎの…

続きを読むread more