元放送局員から学ぶ「プレスリリース」作成術 レポート

こんにちは、A'ワーク創造館スタッフの田邊です。
今日は11月13日に実施した「元放送局員から学ぶ『プレスリリース』作成術」の講座をご紹介します。

プレスリリースとは、ニュースリリースや報道発表のことで、様々なメディアに向けた情報の提供や発表のことをさします。
今回、このプレスリリースの作成方法について講義をしてくださったのは、特定非営利活動法人Mブリッジの理事長で、PRプランナーとキャリアコンサルタントの資格をお持ちの米山哲司先生です。

PR_re.jpg

米山先生は、放送局での広報の担当(プレスリリースを受け取る側)、企画会社でのお仕事(プレスリリースを発信する側)、そして市民活動センターのでお仕事(プレスリリースを出したい人のサポート)のご経験があるため、3つの視点からプレスリリースの作成のコツについて教えていただきました。

書籍やインターネットなどでプレスリリースの書き方を調べることはできますが、そこでは「どのように書くか」は語られていても、実際にどのような内容のプレスリリースが新聞記者の心に響くのか、取材や記事掲載につながるのか、ということは具体的には語られていません。
今回の講座では、特に新聞媒体へのプレスリリースの書き方を軸に、実際にプレスリリースを書いてみるワークや、具体的な書き方から、採用されるための「切り口」のヒントを学びました。

講座の後半、スタッフがランダムに持ってきていたいくつかの新聞の地域欄を見てみると、なんと掲載されているほとんどの記事が、米山先生のおっしゃる「切り口」のヒントに沿った内容でした!

わたしは普段グラフィックデザインに関する業務が多いのですが、「プレスリリース」を作成される方はもちろん、「人に何かを伝える」というお仕事をされている方にもぜひおすすめしたい講座です。


★こちらの講座も米山先生が担当されます。

アタマを柔らかくする「アイデア発想法」体験
2/16(土)10:00〜13:00
受講料:3,240円


この記事へのコメント