「ICDSキャリア・コンサルタント養成講座」修了しました!


4/16~6/26 全12回

今回は先日終了した「ICDSキャリア・コンサルタント養成講座」についてのレポートです!
4月16日~6月26日 全12回の講座です。
この講座は、当館のスタッフ2名が資格取得のために受講されました。


それでは、まず一人目のスタッフから。


こんにちは、スタッフの丹羽です。
先日終了しましたICDSキャリア・コンサルタント養成講座の様子についてご紹介させていただきます。

キャリア・コンサルタントとは、就職を希望される方が、自らの適性、能力、経験などに応じて職業生活を設計して効果的に職業選択や職業能力開発を行うことができるように個別に相談支援を行う仕事です。
今年から国家資格になるということもあり、今大注目の資格です!

8月末に第1回の国家試験が実施されるのですが、厚生労働大臣が認定する養成講座を修了していることが受験資格となるので、皆さんこちらの養成講座に真剣に取り組んでおられました。
先生方も現場でご活躍中の方たちで、とても熱く!毎回とても充実した授業でした。


写真1.jpg


とはいえ、限られた時間の中で、もりだくさんの授業内容で、課題もてんこもり!
毎授業の最初におこなわれる小テストや、毎週提出する課題などとても大変でしたが、その課題を使って授業を進めるので、とても身につきますし、授業終盤で行われたプレゼンテーションでは、人前で発表する力も養われたのではないかと思います。


写真2.jpg



受講生の方たちは、年齢は20代~50代くらいと様々で、働きながら授業を受けている方が多く、現在の仕事でのスキルアップを目指しておられる方や、新事業の展開のために準備をされている方など、資格を取得する目的も様々でした。

授業内容は、実践力をつけるトレーニング内容で、カウンセリングスキル、キャリアコンサルティングに関する理論、ワークショップスキル等、多岐にわたります。中でも個人的には、カウンセリングスキルの面談練習にかなり苦労しました。普段何気なく、人の話を聞いているのとはわけが違って、しっかりと傾聴する、相談者の感情の反射をする、その難しさと、相談者の話を同感ではなく共感的理解をすることの重要性を感じました。

全12回の養成講座は終了しましたが、国家試験まであと2カ月ほどありますので、その間にも学科科目の勉強、面談練習などまだまだすることはたくさんあります。講座を受講された方たちは、定期的に集合してみんなで勉強会しよう!と意欲的な話をしつつ、最終日の講座を終えました。



続きまして2人目。


こんにちは、スタッフの森田です。
先日終了しましたICDSキャリアコンサルタント養成講座の様子について、引き続きご紹介させていただきます。

今回は授業の内容について少しご紹介したいと思います。

全12回の授業では様々なことを学びます。

まずは歴史。キャリアコンサルティングがどのように興り、現在につながっているのか。
キャリアコンサルティングの意義を知ることで、今後コンサルティングを行っていくうえで大切なことは何か、ということを学べます。


写真3.jpg


コンサルティングやカウンセリングの技法も授業で取り扱います。
過去様々な学者や研究者、実務者により、たくさんの技法が生み出されてきました。
その技法を知ることで、どのようにキャリアコンサルティングを行っていけば良いかを知ることができます。
そして授業の中でロールプレイングを何度も行うことにより、手に入れた知識を実践的な能力として身につけていくことができます。


写真4.jpg


昨今では、ワーク・ライフ・バランスやメンタルヘルスの重要性が認識されるようになってきました。
そういった要素はキャリアを考えていくうえでも重要なものです。
授業の中でも、より現実的なコンサルティングをしていくための助けになるよう、労働法やメンタルヘルスのことを学んでいきます。

以上のように、授業の中では様々な事柄を学ぶことができます。
授業の中で得たものは、今後キャリアコンサルタントとして相談にのる場合はもちろん、自分自身のキャリアを考えるうえでも非常に役立つものだと感じました。
講座を受けた受講生の中にも、仕事に役立てられるばかりではなく、自分の今後の人生にも役立つものだと感じている方がいらっしゃいました。

この講座で身に付けた知識やスキルは、受講生の方々の今後の仕事やご自身の人生に、大いに活かしていただけると感じました。


この記事へのコメント