『講談師に学ぶ「惹きつける」話し方のコツ』が終了しました。

こんにちは、スタッフの森井です。
急に冷え込みがきつくなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は『講談師に学ぶ「惹きつける」話し方のコツ』をご紹介します。
講師は講談師の旭堂南陽先生です。
先生は11月末に「四代目 玉田玉秀斎(たまだぎょくしゅうさい)」を襲名されます。

惹きつける話し方とは?
どんな風にしたら相手が興味を持って話を聞いてくれるのか。
皆さんの自己紹介を元に講談風に発表して先生がアドバイス、
改良、また発表を2・3回繰り返す作業をしました。

写真①.jpg


すると…直す度に自己紹介の内容が面白いお話になり、
この話の先どうなるの?この人と話してみたい気持ちが不思議と出てきました。
同じ人の自己紹介でも「話すリズム・具体的な説明・心が動いた事…」
他にもたくさんありますが、ちょっとしたコツを入れただけで
元の文章がとても魅力的な自己紹介となり、
結果その人に対する興味が出てくるのには驚きでした。

講談って何??初めてだから良く解らない難しそう、
そういう方でも大丈夫。先生がポイントを解り易く教えて下さいます。

写真②.jpg


伝えたい事を伝えたい相手が興味を持つように、
その先をもっと聞きたくなるような文章の作り方を話し手側だけでなく
聞き手側の気持ちを踏まえて色々丁寧に説明して講座が進んでいくので、
仕事のプレゼン等、話を飽きられずに聞いてもらえる文章を作りたい方にはオススメの講座です。

『講談師に学ぶ「惹きつける」話し方のコツ』講座は2017年4月以降に開催予定です。


この記事へのコメント