2019年08月27日

「エクセル新標準コース2」終了しました!

先日終了したエクセル新標準コース2のご紹介です。

A′ワーク創造館の「新標準コース」とは、「基本をちゃんと学ぶ」をテーマに開講されているコースです。

エクセル新標準コース1」では、「エクセルは初めて」という方でも参加できる基礎の基礎を学びました。
今回ご紹介する「エクセル新標準コース2」では、より実務に役立つ関数を中心に学んでいきます。

講師は近藤由美子先生。近藤先生はA´ワーク創造館の立ち上げ時よりお世話になっている先生で、様々な講座を企画からご担当いただいています。
当館のエクセル新標準コース1(土曜コース)、エクセル新標準コース2、エクセル実践〜データ分析編、エクセル実践〜マクロ・VBA編 という、土曜日のエクセル講座を全て担当されている他、フリーランス講座でもリスク管理についてお話頂いております。

今回は13名の方にお越しいただきました。「そんなに多いと操作についていけるかな…」と思う方もいるかもしれません。アシスタントの先生がいらっしゃるので、わからないところがあれば手を挙げて助けを呼ぶことができるので安心ですね!

授業で扱う中には複雑な関数もありますが、それぞれの関数をしっかり理解することで、苦手意識がなくなるのではないかと思います。何より、関数は覚えればとっても便利で、使いこなせば仕事のスピードもグッと上がります!

「エクセル新標準コース2」の授業で学ぶ関数はRANK関数、ROUND関数、IF関数、VLOOKUP関数…など多数あります。業務によって、よく使う関数と、あまり使わない関数があると思います。

少し話はズレますが、転職経験がある方や、現在求職中の方は、求人票に「エクセル操作ができる方(IF、VLOOKUP関数など)」と書いているのを見ることもあるかもしれません。

「求人票に書いてある『エクセルの操作ができる』ってどのレベルなの?!」という方も多いかもしれませんが、先ほどの例のように、難しい関数が必要となる職場では括弧書きで追記している求人票も多いです。
そういったものを書いていない…ということは、もう少し易しいレベルの関数ができれば充分なのかもしれません。(全てとは言えませんが)
なので、受けたい求人によく「(IF、VLOOKUP関数など)」と書いてある方は、ぜひこの「エクセル新標準コース2」をご受講くださいね!

様々な関数を学んでいくと、同じ結果を出すのにも、2通り以上の関数の使い方があることがあります。
どちらのほうが便利かは状況によって変わるのですが、1つの方法しか知らないのと、2通りの方法を知っているのは全然違いますよね。両方知っておいたうえで、状況に応じて楽な方を選ぶのが、スムーズに業務を進めるコツになるのかもしれません!

また、関数のお話を中心に進めてきましたが、カリキュラムには条件付き書式、グラフの挿入やスマートアート、簡単なデータベースの作成が入っています。
どれも、知っていると便利なのは間違いない機能なので、エクセルを仕事でよく使う方には必見です。
授業内では「エクセル新標準コース1」で学ぶ、エクセルの基本部分の復習も少しあります。新標準コース1から学んでいる方の復習になるのはもちろん、今回から入った方も、独学でやっていると、意外と知らない基本部分を知ることができます。
(とはいえ、基本操作がおぼつかない方は、先に「新標準コース1」をご受講くださいね)

アシスタントに入ってくださった先生によると、「これまで我流でやってました」という方の中には「オートフィルを知らなかった」「セル参照で数式や関数を作るとき、セルをクリックすればいいのを知らずに、手でセル番地を入力してました」という方が多いそうです。

以前もブログに書きましたが、私も7年間エクセルを触っていたのに、知らないことがたくさんありました。
http://adash.seesaa.net/article/467669638.html

上記の内容はエクセル新標準コース1で学ぶ内容ですが、「そこそこできる」と思って新標準コース2から入る方のなかにも、意外と基本を飛ばしている方が多いそうです。

A´ワーク創造館は10月から後期講座が始まります。
基本的に当館の講座は簡単なものから順番に始まっていきますので、自分のレベルに合った講座をお選びください。

9月初旬にはHPで新規講座のスケジュールが発表となりますので、ぜひチェックしてくださいね!
posted by adash at 13:10| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

新規講座「はじめての簿記(簿記初級)」レポート!

今期から始まった新規講座、「はじめての簿記」のご紹介です!

この講座は、簿記を初めて学ぼうという方、経理事務への就職を検討している方が対象の入門コースです。「簿記初級」試験の合格を目標にした内容で、業種・職種問わずに必要となる簿記の基本原理や知識を学ぶことができます。

「簿記初級」は、簿記3級より少し簡単なレベルとされています。
(かつて存在した「簿記4級」と同等のレベルだそうです。つまり、「3級」より簡単!)

簿記をはじめて学ぶ方、特に「いきなり簿記3級を学ぶのは難しそう」と不安な方や、「一度3級を勉強してみたが早々に挫折した…」、という方にもオススメの講座になっています! 
「転職で経理事務に興味があるけど、どんなことをするのかまだわかっていない」という方も、この講座を受けることで、日々の業務のイメージがつくのではないでしょうか。

講師はケースメソッドの浅田先生です。
とても丁寧に、やさしく説明をしてくださいます!

IMG-9944.JPG

先生によると、簿記を学ぶ際につまずきがちなのが「専門用語」の多さ。確かに、授業を聞いていると多くの専門用語が出てきます。

もちろんいずれ覚えなければいけない用語ですが、とにかく量が多いので、学び始めの頃はそこでつまずいてしまわないよう、仕組みを理解することを最優先にして教えてくださいました。
また、「仕訳」、「勘定科目」「伝票」など、「経理の人たちがいつも話してるのはこれのことか!」と思いながら話を聞いていました。

この講座は「簿記初級」の資格の合格も狙えるものなので、試験の範囲や注意点についても触れながら授業が進んでいきます。

今後の転職で「経理」が候補に挙がっている方、経理ではないけど、経理部とやり取りの多い部署にいる方など、簿記を学ぶことで、日々の業務を少しイメージできるのでオススメです!

浅田先生、ありがとうございました!

IMG-9943.JPG



そして、「簿記初級」からさらにステップアップしたい方は、以下の講座がオススメです!

はじめての経理事務(簿記3級)
はじめて経理担当になった方、経理事務への就職を目指している方が対象。簿記の基礎知識を中心に、経理事務に必要な実務知識(日商簿記3級相当)を学びます。講座の中で試験対策も行いますので、修了後は日商簿記3級へもチャレンジできます。

8月20日〜9月19日(火・木)
19:00〜21:00
24,786円

【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。

*8/11(日)〜15(木)は休館日となっております。
休館日はAFAX、Bメール、C申込フォーム のいずれかをご利用ください。8/16以降に順次ご対応させていただきます。
ラベル:経理
posted by adash at 15:40| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

【無料説明会】プログラミングを学び始める前に レポート!

8/3(土)に開催された「IT・プログラミングを学び始める前に」無料説明会のレポートです。講師は、A´ワーク創造館のスタッフ川崎が担当。当館では社内ITサポーター養成講座やプログラマ(Java)養成科などの講師をしています。

IMG_20190803_111157.jpg

この日は「プログラミング系の講座を受けたいけれど、それぞれのコースの特徴やレベル、何から学べばいいのかを知りたい」という方を対象とした説明会でした。
私の場合、ExcelやWord、SNSやネットショッピングは普段から使っているもののプログラミングについてはExcelマクロを少しかじった程度。こんな私でも理解できるかな?と最初はドキドキしながら参加しました。

説明会の内容ですが、「ITについて」「なぜITを学ぶのか」「プログラミングについて」「IT職種への就職に向けて」など分かりやすい実例を交えながら進められました。
その中でも個人的に面白いなと思ったのは「ITを学ぶ目的は、仕組みを理解して使いこなせるようになること」「言語を学ぶ前にまずプログラミング思考を体験すること」という2点です。
ITを学ぶ、イコール難しそうな技術やプログラミング言語を学ぶというイメージがありましたが、まずは仕組みや考え方という基本を押さえていくことが大切なのだそうです。講師の説明を聞いて「そこから始めるなら私にも理解できそう」という期待感が持てました。
ITの仕組みや考え方の基本をおさえることで、何のために何を学ぶかが明確になる2時間でした。

ちなみにプログラミングを初めて学ぶ方向けに当館でオススメしているのが「Scratchでプログラミング体験」という講座です。Scratchはパズル感覚でパーツを組み合わせて簡単なゲームが作れるツールで、プログラミングの「考え方」が楽しく体験できます。

ほかにもJavaやWeb制作、ITサポートなど習得したい分野に応じて様々な講座がありますのでご興味のある方はぜひお申込みください。

【現在受付中のIT・プログラミング関連講座】

<社内のIT担当者、機器・ソフトなどのITサポートスタッフ、これからITの仕事に就きたい方が対象!>
社内ITサポーター養成講座
10月12、19、26、11月2、9、16、30、12月7、14、21日(土)
10:00〜17:00 受講料 70,000+税(円)

<プログラミングの「考え方」を体験してみたい方が対象!>
Scratchでプログラミング体験
8月10日(土)10:00〜16:00
受講料 4,860円

<ゲーム制作のプログラミングに興味がある方にオススメ!>
Unity入門講座
8月24、31、9月7、14、21日(土)
10:00〜13:00
受講料 25,380円

<Webアプリケーションをこれから作り始めたい方が対象>
これから始めるWebプログラミング〜JavaScript+PHP
8月20、22、27、29、9月3、5、10、12、17、19、24、26日(火・木)
19:00〜21:00 
受講料 27,000円

<Excelを使った事務作業を効率化したい方にオススメ! ※エクセルの操作に慣れている方が対象>
エクセル実践〜マクロ・VBA編
9月21、28、10月5、12、19日(土)
14:00〜17:00
受講料 17,820円

<ものづくりに興味がある方にオススメ>
Arduinoをはじめよう〜オープンソースハードウェア入門
9月21日(土)10:00〜18:00
受講料 15,010円


【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 13:33| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

貿易実務者養成講座 スタートしました!

7月から「貿易実務者養成講座」が開講中です!
現在講座を受講中のスタッフがレポートを書いてくれました!

↓↓↓↓↓

貿易実務者養成講座に行ってきました。
講師の樋口先生はとても気さくな方で、最初に何でも聞いてくださいとおっしゃって、くださったので、質問しやすかったです。

IMG_5117.JPG

今回の受講は3名でした。
受講生は全員女性。

全体的な流れとしては
@ 国際貿易体制
A 市場調査〜契約
B 貿易決済と船積書類
C インコタームズ(国際価格条件)
D 国際輸送
E 貿易関連保険(貨物海上保険 P/L保険 貿易保険)
F 外国為替とリスク回避
G 貿易クレームと対策
を学びます。

私の前職は貿易の会社でのデザイナーでした。
日本で私が企画した商品を中国で製作し、国内に輸入し、国内の業者に商品を卸しておりました。
海外のやり取りでは、国内ではありえない事態がたた起こります。

取引先は何件かありまして、やり取りがスムーズな所とそうでないところがありました。
海外とのやり取りで気を付けないといけないことはたくさんあります。

まず、言語の違い
時間の感覚の違い
商品完成度のレベルの違い(日本人は細かいと言われます)
金銭感覚の違い(レートで毎日利益の割合が左右されます)
もともと生まれも育ちも風習も違う人同士で、やり取りをして、完璧なものを作成するには、かなりの時間がかかります。

これまで、いろんなことでつまずきましたが、
先生の講義を聞いてて、そうそう!などと共感できることが多々ありました。

先生の講義は実際あった実例を挙げて説明してくださるので、とても理解しやすかったです。
これ20年前に受講したかったです。


◎カリキュラム
・貿易実務の流れ、海外取引の仕組
・貿易取引交渉から契約書作成まで
・国際ルールに基づく価格条件の徹底掌握
・各種貿易決済から信用状、荷為替手形の実践
・為替変動リスクの回避から輸出入貿易管理について
・貿易運送について(B/L、AIR WAYBILL解説を含む)
・貨物海上保険とクレーム解決方法、貿易保険、生産物賠償(PL)保険について
・輸入貨物の荷受と関税の理解

貿易実務全般の基本事項を調査・引き合いから契約、決済、船積、保険、クレーム処理まで順を追って「貿易知識」の解説をします。また、講師の長年の実務の中で経験した海外の文化や習慣の違いから起こりやすいトラブルのリスクマネジメントや、その時々に起こる国際的なニュースなどの“読み方”のレクチャーなどを通じて「国際感覚」も学べる実践的な内容です。「貿易実務検定C級」の合格も目指せます

@リスク管理の方法
Aそのための具体的な手続きに
この2つを事例も織り交ぜながらしっかり学びます。
これから海外とのやりとりが増えそうな企業の方には特にオススメの講座です。


A'ワーク創造館の貿易講座シリーズはこちらをご覧ください。
*今期の受付は終了しています。9月以降に新規日程が発表されるので、改めてご確認ください。
ラベル:貿易
posted by adash at 10:36| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

A′ワーク創造館 8月のカレンダー

こんにちは、スタッフの鍋島です。

A´ワーク創造館では、半年に100以上の講座があり、さらにイベントなども行っています。
「多すぎて情報を見逃してしまう…!」という方のために、講座やイベントを「日付」から探せるカレンダーを発行しています。
(館内でも配布中)

それでは、今月の注目講座をご紹介します!

201908_calendar_fixed.jpg

★「プログラミング」に興味のある方

【無料説明会】プログラミングを学び始める前に
8月3日(土)10:00〜12:00
受講料:無料

最近人気が高まっているプログラミング。プログラミング教育必修化のニュースなど、いろいろ話題ですよね。
しかし扱う言語の種類が色々あってどれを選べばいいのかわからない、そもそもどんなふうに仕事に活かせるかイメージしにくい、という方のための説明会です。
プログラミングで何ができるのか、それぞれのプログラミング言語がどう違うのか、どのような勉強が必要かなどを解説します。
*操作はなく、解説が中心の説明会です。

過去の講座レポートはこちら

プログラミング、説明だけじゃなく、「体験」したいんだ!
という方は翌週のこちらの講座がオススメ↓

Scratchでプログラミング体験
8月10日(土)10:00〜16:00
受講料 4,860円

小学生でも簡単にプログラムを体感・勉強できるScratch(スクラッチ)。
画面上でパズルのようにパーツを組み合わせていくことで簡単なゲームを作ることができます。プログラミングは全くの初心者で、いきなり本格的な学習は不安という方にオススメです。
過去の講座レポートはこちら


★「仕事で営業やプレゼンの説明資料を作る機会のある方にオススメ」

「目で見てパッと伝わる」図解活用術
8月21、28、9月4、11日(水)
19:00〜21:00
受講料 11,340円

伝わりにくいことをパッと見た瞬間に伝えることのできる「図解」は、視覚的に情報を伝えるために非常に有効なツールです。
資料が文章ばっかりになってわかりにくい…という方にはオススメです。
資料や、会議で出た意見のまとめはもちろん、自分の考えを整理するのにも便利です。
この講座では、初心者でも簡単に図解を上手に作るための、様々な手法やコツを学びます。

過去の講座レポートはこちら


★今期からの新規講座

絵を描くコツから学ぶ!グラフィックレコーディング講座
8月31、9月7、14、21、28日(土)
10:00〜13:00
受講料 19,440円
会議などを絵と文字で記録して「見える化」する「グラフィックレコーディング」。
議事録としての見やすさ・伝わりやすさはもちろんのこと、グループワークでの発言やプロセスの把握にも役立ち、何よりも会議が楽しくなる!という声を耳にします。
この講座ではグラフィックレコーディングの中でも「マーカー」「枠」「表情」という3つのコツに要点をしぼり、誰でもグラレコに挑戦でき、反復練習で身につけられるカリキュラムですす。
絵が得意でない人にもオススメです。また日々のメモ・ノート術や思考整理、企画書などの図解作成にも役に立つ内容です。


Unity入門講座
http://www.adash.or.jp/139
8月24、31、9月7、14、21日(土)
10:00〜13:00
受講料 25,380円

ゲーム制作では現在最も現場でよく利用されているUnity(ユニティー)。Unityの基本操作から始まり、C#スクリプトといった基本を1からきちんと学ぶカリキュラムとなっています。これから初めて学ぼうとしている方は勿論、プログラミングの勉強に挑戦してみたい、という方にもオススメです。


何か気になる講座がある方はぜひお申し込みください。

【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 18:13| Comment(0) | カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

FUNADEワークショップ「短歌を学んで言葉を磨こう」レポート!

7月19日(金)はFUNADEのワークショップ「短歌を学んで言葉を磨こう」を実施しました。
今回はA´ワーク創造館のスタッフ2名も飛び込み参加。計6人でのワークショップとなりました。

短歌についての大まかな説明の後は、講師のなべとびすこ先生が作ったカードゲーム「ミソヒトサジ」で、短歌づくりにチャレンジ!

商品写真.jpg

1.jpg

それぞれに5文字の単語カード2枚、7文字のカード3枚を配り、2ターン目までに不要なカードを捨てたり、真ん中の山からカードを引いたりする中で短歌をつくるというゲーム。偶然の産物で短歌をつくるイメージでしょうか。(わたし以外の方は偶然というより、カードの取捨選択や並べ方を工夫されていましたが…)
2.jpg

<こんなのができあがりました>
ガラス製アーティスティック熱帯魚専門店の銀行員は

長男はのろしをあげる汽車が来て黄ばんだままの雲に舌打ち

よーいどん豪華キャストのばあちゃんが海老の秘密を訴えてやる

ラスボスは気まぐれサラダパーリナイなくなるまではがんばったほう

ドットコムゆとり世代の魔法ですおしゃれじゃないが前に言ってよ

IMG_9202.JPG

ぱっと読んでもちょっと意味が分かりませんよね?笑
でも、すごいことに、短歌に慣れている先生と参加者のみなさんは、それぞれおもしろい解釈をしていました。
(「ミソヒトサジ」はこちらで購入できますよ!)

ウォームアップ終了後は、さっそく短歌づくりにとりかかります。
今回は梅雨の真っただ中ということで、テーマは「傘」。

まずは、それぞれ「傘」で思いつく単語をワークシートに書き出していきます。
そして、そのキーワード(キーフレーズ)の中から「これ使えそう!」というものを選び、1段落程度でエピソードをまとめていきます。
そこからどんどん31文字に寄せていく作業をしていき、最後にみんなで共有しました。

わたしはビニール傘にまつわるエピソードを短歌にすることに。
仕事でくたくたになりながら帰る道、ぱっと見上げるとビニール傘についた雨粒に街灯が反射して、星空のように見えました。
そのことをInstagramに投稿すると、好きな人からソッコーでイイねがついてうれしかった、というエピソードなんですが…
やはりどれだけがんばってもこの内容は31文字には収まりません(笑)
そのまま時間切れとなってしまったのですが、みなさんにこのエピソードを共有し、一緒に考えてもらいました!
そしてできたのがこちら。

街灯がビニール傘を通過する 雨の夜でも星が見えるよ


自分の短歌やそれにまつわるエピソードをみなさんと共有するのは恥ずかしくもありましたが、なべとびすこ先生の添削と、みなさんの意見で自分の作った短歌をブラッシュアップする作業では、「そんな言い回しもあるのか!すごい!」の連続で、とっても刺激になりました。Instagramのくだりについては、もう一首つくってもいいのでは、とのこと。

3.jpg

すべてを説明することなく、情景を「におわせる」ことが醍醐味、それでいてもっとも難しい部分なんですね。
なるほど〜!と思ったものの、自分ひとりではできる気がしません!(笑)
なべとびすこ先生曰く、いい短歌をつくるには、短歌をたくさん読むのが一番とのことなので、
俵万智さんあたりから読んでみようかなと思います!


\FUNADE ワークショップのおしらせ/
8月はFUNADEワークショップはお休みとなりますが、9月以降またいろいろなワークショップを実施していきます。

9/18(水)適職診断〜みんなでやってみよう vol.2
FB: https://www.facebook.com/events/2207004762749768/
こくちーず: https://www.kokuchpro.com/event/16a0ea73d99cfaff121ded693b145943/

9/28(土)ZINEをつくってみよう vol.2
FB: https://www.facebook.com/events/922802178056074/
こくちーず: https://www.kokuchpro.com/event/ddd0f6f64cee70d157ef0e470e7bd32e/

10/5(土)イラレで名刺 vol.2
FB: https://www.facebook.com/events/701853596923694/
こくちーず: https://www.kokuchpro.com/event/e3a71cd8af7b4cb392511fc7f2491564/
※「イラレで名刺」は残席がかなり少なっております。ご希望の方はお早めにご予約ください。

ワークショップ講師:なべとびすこ(歌人/ボードゲーム制作者)
twitter: @nabelab00
Facebook: 鍋ラボ
短歌の「すみっこ」を伝えるwebマガジン TANKANESS https://tankaness.com/
posted by adash at 11:06| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

雑談の苦手をラクにする「会話のきっかけレシピ」ワークショップ レポート!

まちライブラリー@A′ワーク創造館で、「<著書出版記念>雑談の苦手をラクにする「会話のきっかけレシピ」ワークショップ」を開催しました!

当館のまちライブラリーやパソコン講座で長年お世話になっている枚岡先生の著書『雑談の苦手をラクにする「会話のきっかけレシピ」』の発売を記念したイベントです!

(出版社ページはこちら

イベントの前半では、著者の枚岡治子さんによる本の紹介が行われ、後半はみんなで実際に「会話のきっかけレシピ」を作るワークが行われました。

イベントに来られた方は、すでに本を読まれたという読者の方、当日著者から直接購入するのを待っていた方などもいらっしゃいました。
スタッフも含めて13名と、大盛況でした!

IMG_9936.JPG

まずは枚岡さんからの本のご紹介。
書籍にまとめる際に苦労したことやウラ話、A′ワーク創造館とのエピソードなども含めてお話しいただきました!

IMG_9933.JPG

後半は「会話のきっかけレシピ」を作るワークショップ。
シチュエーションは、参加者の方からご要望があった
「職場で、みんな出て行って、後輩と2人だけになったときの声かけ」のロールプレイを行いました。

IMG_9938.JPG

人数が多いぶん、いろんなパターンの回答を聞くことができました。
また、自分でも普段何気なく行っている声かけを文章化することで、「そういえば私はよくこう言ってるな」という気付きもあり、そのときの意図なども言語化することで腑に落ちた気がします。自分の普段の何気ない言動を振り返る機会は意外と無いので良い機会でした。

他の人の回答でいいなと思うものもあったし、自分なら言わないタイプの声かけでも、「言ってる人はこういう意図があったのか!」と気づくこともありました。
年齢(世代)や職場での立場、それぞれの性格(キャラクター)によっても、声のかけ方は変わるのかもしれませんね。

また、ロールプレイの時間はなかったのですが、「「話を終わらせて出ていく」ときの声かけ」についても考えてもらいました。

*他のレシピも展示されていました
IMG_9937.JPG

終了後にお答えいただいたアンケートの回答がとても好評だったのでご紹介させていただきます!

・非常にためになり、著者ご自身の司会によるワークショップを受講出来て感激しております。
・ふわっと雑談の悩むポイントが見えたのがよかった。
・ワークショップでみんなの答えが聞けて楽しかったです。
・枚岡さんの講義・ワークショップをまた、受けたいと思います。


当館のまちライブラリーで「雑談の苦手をラクにする「会話のきっかけレシピ」」の貸し出しも行っております!
A′ワーク創造館の授業を受けるついでや、近くにきたついででもかまいませんので、ぜひお気軽にお立ち寄りください!
posted by adash at 19:42| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

「新規事業づくりのための発想力教室」レポート!

先週開催された「新規事業づくりのための発想力教室」のレポートです!

この講座は中小企業や個人事業主の方が主な対象です。
ざっくりした流れとしては、前半はアイデアを考えるための手法を実際にやってみるパート、後半はそれぞれが困っていることへのアイデアを考えて、先生や他の参加者に意見をもらったりするパートという2部構成になっています。

講師はコンセプトデザイナーの畠健太郎先生。
A′ワーク創造館では、「図案・柄のデザイン〜テキスタイルデザイン基礎」、8月から始まる新規講座「絵を描くコツから学ぶ!グラフィックレコーディング講座」も担当してくださっています。

IMG_9811.JPG

アイデアの発想、というと、「面白いことを考えないと…」とか「画期的なことを考えないと…」、と思って、なかなか思いつかない方も多いのではないでしょうか。
どうやったら「良いアイデア」を「ひらめく」ことができるのか…、と悩んでいる方も多いかと思いますが、この講座ではその前提から覆されます!

今回の講座の目的は、「とにかくたくさんのアイデアを出せるようになること」です。
最初から「良いアイデア」だけを出そうとするのではなく、とにかく量を出す。たくさん出せば、その中から選んでいけますもんね。

この「たくさん出す」ことは、先生によると、「訓練をすれば誰でもできるようになる」そうです。その「訓練」の方法を授業では学んでいきます!

また、メインの訓練の話以外にも、脳の仕組みに基づいたリフレッシュ方法(脳の休め方)や、偏った思考を平らにするための方法など、普段の生活から取り入れられるトレーニングや、それ以外にも色んなお話がどれも面白く、あっという間の2時間でした。

後半では、それぞれの方が今行っている事業に対して、発想法で出たアイデアについておお話し、先生からコメントをいただいていました。
聞いているだけでも面白そうなアイデアがたくさん出ていました!

アンケートでもご好評をいただいています。
・どういう講座内容(「発想力」という抽象的な内容のため)になるのか、とても興味深かったのだが、脳の仕組みなど、ベースとなる話から始めてもらえたので、深い講義だと感じた。

・なるほどと思うことがいろいろありました! 「脳は都合のいいことしか残していない」…なるほど



次回の開催日は今のところ未定ですが、できれば定期的に開催して、毎回違う訓練の方法を学んでいくようです!
IMG_9810.JPG
そして、今回担当してくださった畠先生の講座が8月にもございます。今期からの新規講座です! こちらもぜひお願いします!

絵を描くコツから学ぶ!グラフィックレコーディング講座

会議などを絵と文字で記録して「見える化」する「グラフィックレコーディング」。議事録としての見やすさ・伝わりやすさはもちろんのこと、グループワークでの発言やプロセスの把握にも役立ち、何よりも会議が楽しくなる!という声を耳にします。
この講座ではグラフィックレコーディングの中でも「マーカー」「枠」「表情」という3つのコツに要点をしぼり、誰でもグラレコに挑戦でき、反復練習で身につけることができるカリキュラムにしています。絵が得意でない人にもオススメです。また日々のメモ・ノート術や思考整理、企画書などの図解作成にも役に立つ内容です。

8月31、9月7、14、21、28日(土)10:00〜13:00
受講料 19,440円


【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
ラベル:発想力 企画
posted by adash at 15:45| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

貿易実務講座無料説明会レポート

01.jpg

6/29(土)に貿易実務講座の説明会を実施しました。

「貿易」と聞くと、みなさんのイメージが様々かと思いますが、
一言で言うと「海外との商売」ということです。

今回の説明会では、
そもそも「貿易実務」の仕事がどんなことをするのか、
ということをまず解説しました。

普段私たちがお店で商品を買う時は、
その場で顔を合わせて現金で支払って、やりとりが終わりとなります。

さて、では貿易の場合はどうでしょうか。

顔が見えないから、どんな会社、どんなお店、どんな商品かもわからない。
またお金を払っても、商品が届くかどうかも不安。
届いても、思っていたものなのか、キズはないか。
逆に商品を送っても、お金がちゃんと支払われるかが不安。
ちゃんと受け取ってもらえるか、文句言われないか。

などなど、物理的な距離があるだけに、リスクだらけ!
しかも企業間での取引になると、量も金額も大きい。
もしトラブルが起きても、簡単に解決できそうな気がしません。
そこで余計な心配や不安なく商売をするためにはこのリスクにしっかり対応しておかなくてはなりません。
貿易実務を学ぶ必要性は、「リスク管理」これに尽きるのではないでしょうか。

このリスクを解決するための手法が、
世界どこでも通用する形で、存在しています。
貿易実務者養成講座」では、こういった輸入や輸出をおこなう貿易において、
@リスク管理の方法
Aそのための具体的な手続きに
この2つを事例も織り交ぜながらしっかり学びます。
これから海外とのやりとりが増えそうな企業の方には特にオススメの講座です。

貿易英語講座」では、
海外の企業への注文や値段交渉などのやりとりに特化して、
英語の使い方や言い回しについて学びます。

02.jpg

講師はベテラン講師の樋口孝夫先生。
30年以上のキャリアに加えて、
大阪府立貿易専門学校で講師をしていたり、
引退された現在でも、企業の顧問をされています。
とにかく実務経験も豊富なので、
説明も型通りでなくわかりやすく説明してくださいました。
「商品が届いてから、値段交渉してきてね。安くしないと振り込まない、なんて言うんですよ。商品はもう向こうにあるから難しいですよ。みなさんならどうしますか?」
なんて問いかけながら説明や解説が進みます。

事業の拡大で海外とのやりとりに力を入れたいという方、
基本はもちろん経験談も織り交ぜた、
実践的なこの講座にぜひチャレンジしてみてくださいね。


【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
ラベル:無料 貿易
posted by adash at 16:25| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エクセル新標準コース1」のご紹介

エクセル新標準コース1のご紹介です。

エクセル新標準コース1」は「エクセルの基本をちゃんと学ぶ」をテーマに開講されていて、計18時間かけて基本からじっくり学べるコースです。

この新標準コース1は、「エクセルは初めて」という方でも参加できます。
※パソコンの基本操作(マウスやキーボードの操作やファイルの保存など)はできたほうが良いです。パソコン自体に不慣れな方は「初心者のためのパソコン入門講座」を先にご受講ください。(※次回は10月以降の開講となります。)

繰り返しますが、「エクセル新標準コース1」で学ぶのは、エクセルで必要な基本の部分。
エクセルが初めての方にはもちろんオススメの講座ですが、次にオススメしたいのが「そこそこエクセルを使っている方」です。

エクセルには本当にたくさんの機能があります。
何かをしたいときに、都度インターネットで検索して解決、という方もいるかもしれません。部分的に知識を入れてある程度なんとかなるものの、ちゃんと学んだことがないという方にも提供できる知識があるはずです。

実際、私も長年仕事でエクセルを使っていましたが(メインの業務ではないとはいえ7年近くエクセルを触っていたはず)、今までしていたやり方がものすごく遠回りだったことが判明する場面があり、「今までどれだけの時間を無駄にしてしまったのか…」と反省するばかりでした。

これは授業で学ぶなかのほんの一例ですが、たとえば、こういう表があったとして……

スライド1.JPG

計算式としては合っているんですが、「表記」として変えたい部分がいくつかありますよね。

スライド2.JPG

@日付の表記を変えたい
2019/07/04→2019年7月4日

A金額の表記を桁区切りにしたい
500000→500,000 

B小数点を消したい
 358333.3333→358,333

C達成率をパーセント表記にしたい
「1.032912」→「103%」 


こういうとき、皆さんはどうやって変更してましたか?

これは私だけかもしれないのですが、私はずっと

右クリック→「セルの書式設定」→「分類」 から選んで…というやり方でした。
もちろんこれでも表記は変更できますし、自分のやりたいことは実現します。

このやり方は、エクセルを知った頃に言われた、「とりあえず困ったら『セルの書式設定』!」
という教えに沿ったものです。実際、セルの書式設定でいろんな設定はできるんですが…

「自分のやりたいことは実現」するがゆえに、「もっと楽な方法を!」と思ったことがなく、もっと簡単な方法があることに気付けませんでした。

スライド3.JPG

それはエクセルの上部「リボン」と呼ばれる部分に有りました・

スライド4.JPG

ここ!!

ここに今回私がやりたいことのすべてが詰まっていました。
セルの書式設定を開かなくても、この辺りをクリックするだけで、色んなことができたんですね。

スライド5.JPG
無事完成。

「そんなこと知ってるわ! 当たり前やろ!」と思っている方は問題ありませんが、もし知らなかった方は、授業を受けると、こういった新しい発見があるかもしれませんよ。
これまで独学でやってきたけど、なんとなく不安を感じていた方にはオススメです!
8月から平日夜間コースが開講しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

★「エクセル新標準コース1

エクセルの「基本をちゃんと学ぶ」コースです。初心者の方、我流で今のところなんとかなっている方、いまいち自信が持てない方が対象です。仕事の現場で使うことをイメージしやすいオリジナルの練習問題を解きながら、入力、表計算、関数、グラフ作成、データベースの基礎、印刷といったエクセルの初歩的な機能をじっくり学びます。

8/26、28、9/2、4、9、11、18、25、30 毎週 月・水曜日
19:00〜21:00 
受講料 21,600円


★現在は「エクセル新標準コース2」が開講中です。

 こちらでは実務でよく使う便利な関数をどんどん学んでいきます!
 次回は10月以降の開催となります。

★「ワード新標準コース」もあります! こちらは来週から!

ワードの「基本をちゃんと学ぶ」コースです。初心者の方、我流で今のところ なんとかなっている方、いまいち自信が持てない方が対象です。仕事の現場で使うことをイメージしやすいオリジナルの練習問題を解きながら、文字の入力から編集、印刷、表の作成、図表のレイアウトなどのワードの機能をじっくり学びます。

7/8、10、17、22、24、29、31、8/5、7 毎週月・水曜日
19:00〜21:00
受講料 21,600円


気になる講座がある方はぜひお申し込みください。

【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 15:53| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする