2018年11月14日

元放送局員から学ぶ「プレスリリース」作成術 レポート

こんにちは、A'ワーク創造館スタッフの田邊です。
今日は11月13日に実施した「元放送局員から学ぶ『プレスリリース』作成術」の講座をご紹介します。

プレスリリースとは、ニュースリリースや報道発表のことで、様々なメディアに向けた情報の提供や発表のことをさします。
今回、このプレスリリースの作成方法について講義をしてくださったのは、特定非営利活動法人Mブリッジの理事長で、PRプランナーとキャリアコンサルタントの資格をお持ちの米山哲司先生です。

PR_re.jpg

米山先生は、放送局での広報の担当(プレスリリースを受け取る側)、企画会社でのお仕事(プレスリリースを発信する側)、そして市民活動センターのでお仕事(プレスリリースを出したい人のサポート)のご経験があるため、3つの視点からプレスリリースの作成のコツについて教えていただきました。

書籍やインターネットなどでプレスリリースの書き方を調べることはできますが、そこでは「どのように書くか」は語られていても、実際にどのような内容のプレスリリースが新聞記者の心に響くのか、取材や記事掲載につながるのか、ということは具体的には語られていません。
今回の講座では、特に新聞媒体へのプレスリリースの書き方を軸に、実際にプレスリリースを書いてみるワークや、具体的な書き方から、採用されるための「切り口」のヒントを学びました。

講座の後半、スタッフがランダムに持ってきていたいくつかの新聞の地域欄を見てみると、なんと掲載されているほとんどの記事が、米山先生のおっしゃる「切り口」のヒントに沿った内容でした!

わたしは普段グラフィックデザインに関する業務が多いのですが、「プレスリリース」を作成される方はもちろん、「人に何かを伝える」というお仕事をされている方にもぜひおすすめしたい講座です。


★こちらの講座も米山先生が担当されます。

アタマを柔らかくする「アイデア発想法」体験
2/16(土)10:00〜13:00
受講料:3,240円
posted by adash at 10:08| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元放送局員から学ぶ「プレスリリース」作成術 レポート

こんにちは、A'ワーク創造館スタッフの田邊です。
今日は11月13日に実施した「元放送局員から学ぶ『プレスリリース』作成術」の講座をご紹介します。

プレスリリースとは、ニュースリリースや報道発表のことで、様々なメディアに向けた情報の提供や発表のことをさします。
今回、このプレスリリースの作成方法について講義をしてくださったのは、特定非営利活動法人Mブリッジの理事長で、PRプランナーとキャリアコンサルタントの資格をお持ちの米山哲司先生です。

PR_re.jpg

米山先生は、放送局での広報の担当(プレスリリースを受け取る側)、企画会社でのお仕事(プレスリリースを発信する側)、そして市民活動センターのでお仕事(プレスリリースを出したい人のサポート)のご経験があるため、3つの視点からプレスリリースの作成のコツについて教えていただきました。

書籍やインターネットなどでプレスリリースの書き方を調べることはできますが、そこでは「どのように書くか」は語られていても、実際にどのような内容のプレスリリースが新聞記者の心に響くのか、取材や記事掲載につながるのか、ということは具体的には語られていません。
今回の講座では、特に新聞媒体へのプレスリリースの書き方を軸に、実際にプレスリリースを書いてみるワークや、具体的な書き方から、採用されるための「切り口」のヒントを学びました。

講座の後半、スタッフがランダムに持ってきていたいくつかの新聞の地域欄を見てみると、なんと掲載されているほとんどの記事が、米山先生のおっしゃる「切り口」のヒントに沿った内容でした!

わたしは普段グラフィックデザインに関する業務が多いのですが、「プレスリリース」を作成される方はもちろん、「人に何かを伝える」というお仕事をされている方にもぜひおすすめしたい講座です。


★こちらの講座も米山先生が担当されます。

アタマを柔らかくする「アイデア発想法」体験
2/16(土)10:00〜13:00
受講料:3,240円
posted by adash at 10:08| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

NLP入門講座レポート

こんにちは、A´ワーク創造館スタッフの鍋島です。

前期に終了した「NLP入門講座」のご紹介です。後期は来年1月からの開講を予定しています。

NLPとは、脳科学を駆使した、今人気の心理学です。
この講座では、NLPの基礎となる部分を学ぶとともに、仕事や生活でのコミュニケーションや人間関係づくりなどで実際に活用できるようなスキルを学びます。

講師はライフキャリアデザイナーの緒方先生です。
元海外航空会社の客室乗務員という経歴をお持ちです。
2006年にコーチングと出会い、その人の長所をいかしたキャリアデザインコーチング、自らの現場経験を生かした体験型ビジネスマナー講座を開催されています。

IMG_5484.jpg

当館では、
定活ライフキャリアカレッジ

アドラー心理学入門〜勇気づけコミュニケーション講座

怒りの感情をコントロールしよう

マインドフルネス体験ワークショップ
など、多くのコミュニケーション講座を担当していただいております。

授業内容は、単にNLPの概要や成り立ちなどの解説を聞くだけ、ではありません。
ワークを取り入れたり、自分の考えを共有したりと、参加型の内容になっています。
そのため、通常の講座でよくある、机を並べて講師の話を聞く、というスタイルではなく、椅子だけを置いて、受講生と講師全員で円形に向かいあうような形で行います。椅子だけなので、何人かにわかれて話すときも、すぐに向きを変えて、分かれて話ができます。

IMG_5482.jpg

ワークの内容はさまざまですが、私が見学させていただいた回では、前の回に欠席していた方に、前回学んだ内容を説明してあげる、というものもありました。人に説明してあげることで、学習内容を定着させる目的です。あとで先生から解説があり、復習の役割もはたしていました。

A´ワーク創造館では、実務に直結する講座も多いのですが、今回のようなコミュニケーション講座も多数あります。も多数あります。
人間関係づくりや職場のコミュニケーションなどに悩んでいる方も多いかと思いますが、それを改善するための講座がある、ということもあまり知らない方もいるのかもしれないな、と思うこともあります。
話し方、聞き方、伝え方や、心の整え方や人間関係づくり、第一印象UPなど、様々な場面で役立つ講座がありますので、ぜひチェックしてみてください。

コミュニケーション講座


今回のNLP入門を担当してくださった緒方先生は、11月から仕事カレッジシリーズ「定活ライフキャリアカレッジ〜50歳からの自分を生かす働き方」という長期の講座を担当してくださいます。


定活ライフキャリアカレッジ」は、50代から次のキャリアシフトに向けて準備することを「定活(定年活動)」と呼び、半年という時間の中で、じっくりと自分と向き合い、これからの働き方、人間関係のつくり方、自分の活かし方を考える講座です。

無料説明会もございますので、50歳前後の方は、まずは説明会にお越しください。

★定活ライフキャリアカレッジ〜無料説明会
11/13(火)19:00〜21:00

★定活ライフキャリアカレッジ〜50歳からの自分を生かす働き方
11/20、12/4、18、1/15、29、2/12、26、3/12、26(すべて火曜日)
19:00〜21:00
受講料 ¥52,480
*受講される本人さまに限り、2018年10月〜2019年3月に開講される講座を全て50%割引でご受講いただけます(表記されている教材費は適用外)。

お申し込みはこちらから
posted by adash at 14:18| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

「好きなものについて語る会」イベントレポート

こんにちは。A´ワーク創造館、スタッフの鍋島です。

先日、まちライブラリー@A´ワーク創造館で開催された「好きなものについて語る会」についてのレポートです。

「まちライブラリー@A’ワーク創造館」は、当館を入ってすぐ、1Fのエントランスコーナーにございます。
「まちライブラリー」は、「まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら「人」の縁をつむいでいく活動」です。
(まちライブラリー公式HPはこちら

館内の本の貸し出しだけでなく、数ヶ月に1度、不定期でイベントを行い、交流できる場を設けています。
先日開催されたのが「好きなものについて語る会」でした。

好きなものについて語る会_facebookバナー.jpg

タイトル通り、好きなものについて思いっきり語る会でした。
好きなものについての簡単なプレゼンのあと、質疑応答を中心に雑談を行いました。
当日は、スタッフ含め6人が参加し、5人が好きなものについて語ってくださいました。

内容は、ソフトバレーボール、心/心理学、陶器と磁器、お茶(紅茶)、韻(押韻)と、全く異なるジャンルのお話を聞くことができました。
どうやってその好きなものについて知ったのか、それを趣味にして何が変わったのか、そのジャンルでオススメの本は? など、いろんな話で盛り上がりました。

IMG_5724.jpg

口下手だけど好きなものについてなら語れそうだから練習したい、という方や、元々語るのが好き、という方もいて、様々なタイプの方に参加していただけたのがとても嬉しかったです。

ソフトバレーボールなら、バレーボールとの違いの説明から、ハードルの低さや、ソフトバレーボールをはじめて何が変わったか、
心/心理学についても、心を整えるためのコツや、それを知ってから自分自身がどう変わったのか、
陶器と磁器については、それぞれの特徴の説明も有り、実際の陶器を持参されていたので見せてもらったり、陶器で有名なカフェについても教えてくださいました。
スタッフからは紅茶がふるまわれ、お茶の種類に関する知識などが説明されました。
私も韻について説明し、実際の曲で踏まれている韻の解説などをさせていただきました。

IMG_5722.jpg

IMG_5725.jpg
*紹介された本

イベントでは、普段の職場では出会えない、様々な職業、年代の方と、ひとつのテーマを通じて、気軽にお話できるのが魅力です。
新しい考えや知識、情報などに出会うことで、気持ちが楽になったり、視野が広がることも有ると思います。

ちなみに、次回のイベントも日程が決まっています。
質問について質問する会
★日 時:12 月8 日(土)14:30 〜 16:30
★参加費:500 円(茶菓子代)
★持ち物:対談に関する本、もしくは愛読書
     (雑誌でもOK)
★進行:枚岡治子(bako)
パソコンインストラクター。フリーライターとして取材記事も書いており、「いかに質問してもらうか」と「いかに質問するか」に日々苦戦中。

職場での「質問」がテーマです。

・仕事のなかでわからないことがあっても、先輩や上司に質問できずに抱え込んでしまう
・お客様や取引先への質問(ヒアリング)がうまくできない
・わからないことはあるが、うまく質問できないためにずれた回答が返ってくる
質問に関するいろんなお悩みについて、気軽に質問しあいましょう!

*当館の「お仕事のりかえポート FUNADE」とのコラボ企画です。
FUNADE は「転職」がテーマなので、「転職先(新しい環境)でちゃんと質問できるように準備しておきたい」という方にもオススメです。


まちライブラリー@ A’ワーク創造館、FUNADEともに、今後ともよろしくお願いします!

まちライブラリー@A´ワーク創造館のFacebookページ


*「お仕事のりかえポート FUNADE」のFacebookページ
posted by adash at 17:26| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

新入社員カレッジ終了しました!

新入社員カレッジ、全12回が終了しました!
皆さま半年間本当にお疲れ様でした。

座学だけではなく、グループワーク大勢の人の前での発表など、一般的な「ビジネスマナー」だけではなく、いろんな角度から「仕事」について学んだり、考えたりしていただけたのではないかな、と思います。

最終回の授業の担当は、第1回のレポートでも紹介した直井先生。
未来の自分へのビジュアライゼーション、という内容でした。

梅山先生の回でキャリアビジョンについては一度考える時間があったのですが、今回は「自分が死ぬときのこと」を考えるという内容でした。死を意識することで、生き方を見つめなおすという内容です。
「理想の死に方」として、何歳くらいで死ぬのか、周りに誰がいるのか、死んだら周りの人にどう言ってほしいのか、などを考え、今の自分の生き方を見直します。
実際に、死の間近に立った人間がどんなことを後悔しているのか、ということを聞きながら自分を振り返ります。
また、「もし3つだけ魔法をかなえてもらえるなら」というお題もあり、自分が何を求めているのか、望んでいるのか、などを考える場面もありました。

そして、全12回、半年間のなかで印象に残っていることや、仕事で実際に役に立ったことなどを話し合いました。
最後には、梅山先生から順番に修了書が渡されました。

人数は少なかったものの、濃い授業になったと思います。
関わってくださった先生方と、最後まで頑張っていただいた受講生の皆さまありがとうございました!

また、後期講座は新入社員カレッジはありませんが、
「新入社員研修(中途採用者向け)」がございます。
こちらは、中途採用でこれまでビジネスマナーなどを学ぶ機会のなかった方が対象で、カレッジに区レベルと、一般的なビジネスマナーが中心になります。
日常の業務でなんとなく行っている、あいさつ・電話対応などのビジネスマナーの基本、仕事の進め方やコミュニケーションのとり方などの基本的なマナーは勿論、自社以外の人も混じってのロールプレイなどの実践演習も行います。
企業派遣向きですが、「中途採用されたものの、基本的なことがわからなくて復習したい…」という方が受けられることもございます。
ぜひお申し込みください。

新入社員研修(中途採用者向け)
10/15(月)、22(月)
posted by adash at 14:19| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

新入社員カレッジ第9回のレポートです

こんにちは、A´ワーク創造館、スタッフの鍋島です。
新入社員カレッジ、第9回目のレポートです。

この日は、これまでのコミュニケーション演習の集大成です。
担当は、第3回のレポートでも紹介した演出家の植村先生です。
これまで植村先生の授業では、アウトプットを速くする練習や、即興(アドリブ)力を鍛えて、判断力や決断力、対応力をつける練習などを行ってきました。
そして、この日は近くにある介護施設へ向かい、朗読劇の発表を行いました!
題材は「走れメロス」。
わかりやすく、有名なストーリーで、ラストに向けてどんどん盛り上がっていく展開、ということで決定しました。4人の受講生でナレーションとセリフの役を分担して挑むことになりました。特に演劇や朗読の経験者はおらず、文化祭などで少しやったことがある、または文化祭などでも避けてきた、というメンバーでした。しかし、植村先生のアドバイスを受けながら練習し、どんどん上達していきました。

行く前には会場の規模などがあまりわからなかったのですが、行ってみるとなかなか広く、たくさんの方に見ていただくことになりました。

DSC_1010.JPG

当日は、仕事の都合でメンバーの1人が間に合わないという大きなハプニングがありましたが、遅れて登場し、最後のあいさつでそのハプニングをうまく絡めた挨拶をして拍手をいただくなど、これまでに学んだ即興力なども活かして対応できていたように思います。
ほかにも、マイクが途中で切れたりもしましたが、後半に向けて全員が乗ってきて、練習の時以上に、感情を込めた朗読になりました。

DSC_1005.JPG

施設の方たちがとても楽しみにしてくださったようで、終わってから「また来てほしい」という声もいただきました。朗読中もうなずきながら聞いてくれたり、最初のあいさつでもこちらからの問いかけに応えていただいたりと、あたたかく受け入れてくださいました。

これだけ多くの方の前で発表を行い、成功するという体験は、今後仕事のなかで人前に立って何かを行うときに、自信につながるのではないかと思いました。



今回担当してくださった植村先生の後期講座の日程も発表されています。

人前で話す時に役立つ「演出家のセルフプロデュース」講座


とっさの判断力を速める「舞台俳優の即興力」講座
*前回分のレポートはこちら
第1回
http://adash.seesaa.net/article/459985218.html

第2回
http://adash.seesaa.net/article/460196721.html

お申し込みはこちらから
posted by adash at 15:08| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

「目で見てパッと伝わる」図解活用術 終了しました!

こんにちは、A´ワーク創造館 スタッフの鍋島です。
今回は先日終了した「「目で見てパッと伝わる」図解活用術」のレポートです。

講師はグラフィック・デザイナーの岩田 直樹先生です。
デザインの仕事だけでなく、神戸芸術工科大学や国立明石高専で非常勤講師などを務めながら、事業経営者や一般の人に向けたデザイン系のワークショップを多数開催されています。

IMG_5446.jpg

「図解」を使えば、伝わりにくいことをパッと見た瞬間に伝えることができます。
たとえば、
@プレゼン資料に図解を取り入れて視覚的にわかりやすいものにする
A会議で出た色々な意見を図にまとめる
B自分の考えを整理したりする
など、様々な場面で利用できます。

図解そのものの知識ももちろんですが、図解で何かをわかりやすく説明するためには、情報をうまく整理する(グループごとにまとめる、分類する など)必要があるため、情報を整理する技術も身に付きます。

そのため図解だけでなく、要素を3つにわけて短い文章で説明する練習も授業内で行いました。
「江戸時代からタイムスリップしてきた人」に「写真」というものを説明する課題や、キャラクターの写真を見て、言葉で説明する課題も有り、授業で学んだことを活かしつつ、意見を出し合い、課題に取り組みました。

このように、授業内でほぼ毎回「ワーク」を取り入れています。これ以外にも、いろんなワークが授業内で行われました。
アンケートでも「程よくワークがあり、毎回着実に身に付く感じが良かった」という意見もいただきました。家で復習できるように、授業後に自宅で練習できるいろんな課題もテキストに記載されていました。

また、岩田先生のテキストは毎回、「図解」を取り入れた、とてもわかりやすく、丁寧なものになっているのが特徴です。

FullSizeR.jpg

図解があると重要なポイントがわかりやすいですね。

図解講座、次回は2/18〜とまだまだ先ですが、岩田先生は「広告制作&ディレクション入門」講座も担当してくださっています。こちらは「広告制作&ディレクション」についての講座ですが、このテキストにも、「図解」のテクニックが取り入れられていますので、そういった部分にも注目いただければと思います。
広告制作&ディレクション講座は11/8から始まります。ぜひお早めにお申し込みください!


IMG_5402.jpg
posted by adash at 16:18| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

エクセル実践〜データ分析編 終了しました!

こんにちは、A´ワーク創造館 スタッフの鍋島です。
今回は「エクセル実践〜データ分析編」のレポートです。
この講座は2018年前期講座からはじまった新規講座です。

講師は近藤由美子先生です。

IMG_5314.jpg

近藤先生はA´ワーク創造館の立ち上げ時よりお世話になっている先生です。様々な講座を企画からご担当いただいています。
当館では、エクセル講座を担当していただくことは多いですが、先生ご自身はフリーランスとして幅広くお仕事をされているため、当館の「フリーランス講座」にもお越しいただいております。


エクセル関連の講座は
 エクセル新標準コース1
 エクセル新標準コース2
エクセル実践〜データ分析編
 エクセル実践〜マクロ・VBA編
の4つで、今回の「データ分析編」はこの3つ目のコースとなります。

この授業では、エクセルの便利な分析機能を使いこなし、売上や顧客データなどの分析や、次の企画や目標を出すための数字の出し方などを学びます。

「実践編」ということで、エクセルの操作に慣れた方が対象となっています。

「新標準」コース2で学ぶ、絶対参照と相対参照、VLOOKUP関数やSUMIF関数などなど、エクセルの関数や便利な機能を活用してできる、分析の手法を学びます。
テキストは毎回分析の目的※があり、それに必要なエクセルの知識を身に付ける、という流れになっています。

※例)過去5年間の販売実績をもとに、来年度の売上高を予測したい
  新店舗の売上高を予測したい

分析をするためのデータの集め方や整理の仕方も含めて勉強します。
また、分析結果を資料として見せるときに必要なグラフや散布図についての内容も含まれています。

エクセルの関数は多数ありますが、この講座では「分析」という目標があるなかで使っていくことになるため、「なんとなく知っている関数」が、「○○に使うときに便利な関数」と、さらに理解が進み、復習にもなると思います。

ちなみに、気象庁等のデータは分析のためにダウンロードできたりするので、天気と店舗の売上の関係を知りたい、という方は、そういう既存のデータを使っても良いそうです。


ちなみに、今回の講座は12名の方が参加されました。
IMG_5313.jpg
受講生の人数が多いので、アシスタントの先生にも入っていただき、わからないところがあれば質問できるような形式でした。
聞き逃したり、操作が遅れてしまったときにすぐに質問できるので、置いてけぼりにならずに済みます。

また、データ分析の内容はもちろん、授業では便利な小技などにも言及してくださるので、長らく独学でエクセルをやっていた方なども、作業時間短縮になるような、効率の良い方法を知ることができると思います。

私は仕事でパソコンを触り始めて6年目ですが、ほぼ独学で、仕事で必要な部分だけその都度教えてもらったり、検索したりして覚える、というやり方だったため、講座を受けてみると、意外と初歩的なことを知らないことに気付きます。

たとえば「フィルハンドル」(セルの右下の小さな■)にポインタをかざしたときにでる「+」マークを引っ張ると、連続データを入力したり、数値や書式をコピーできたりする、ということまでは知っていたのですが、
その「+」をダブルクリックすると、自動的に最終行までデータが入力される、ということは知りませんでした。
扱うデータ数が少ない内は問題ありませんが、千件以上あるデータでも、毎回「+」を下まで引っ張っていたのです。
小さなことですが、積み重なると時間のロスにもつながるので、便利な小技はどんどん覚えていきたいですね。

後期もこの「エクセル実践〜データ分析講座」は開講を予定しております。
「分析はやってみたいけど、意外とエクセルの基礎、わかってないかも」という方は、これを機会に、新標準コース1、新標準コース2から学んでみるのも良いかもしれません。

後期講座、発表されていますので、ぜひいろいろチェックしてみてくださいね。
A´ワーク創造館 2018年後期講座
posted by adash at 11:44| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

新入社員カレッジ第5回&第7回レポート

新入社員カレッジ、第5回目、第7回目のレポートです。

第5回目、第7回目を担当してくださった講師はA´ワーク創造館でキャリアコンサルタントとして活躍している、梅山先生です。

IMG_4693.jpg

まず、第5回目のテーマは「キャリア形成」。

「適職」という言葉の定義を学び、適職診断ツールを使用して、自分の「適職」を理解します。
「適職」は@興味・関心 Aできること・得意なこと B価値観 が重なる職業のことです。
今回は@の興味関心を診断するツールと、Bの価値観を診断するツールを使用して、それぞれ自分の適職について考えていきます。

興味関心ツールを使用すれば、
社会的興味、研究的興味、芸術的興味…などの6つの興味分野のなかで、自分が何に興味があるかがわかります。

価値観を診断するツールでは、
専門分野を極めたい/管理職などで組織をうまくまわしたい/新しいことを創造したい…などを含む8つの価値観から、自分が何を大切にしたいかを再認識できます。

今回の参加者は、自分の現在の職種と適職が概ね一致している方が多かったように思います。
また、最後には10年後のキャリアビジョンを書いていただきました。
 ・今年中に達成したい事
 ・3年以内に達成したい事
 ・10年以内に達成したい事
に分けて目標を書いてもらいます。
何ができるようになりたいのか、どんな人になりたいのか、どういう風に仕事がしたいのか、などを言語化すると、日々の取り組み方が変わってくると思います。

また、幅広い年代のキャリアコンサルティングを担当してこられた梅山さんから、世代間の考え方の特徴なども教えてくださいました。


続いて、第7回目のテーマは「ビジネススキル」。
前半は課題解決のためのグループワークを行いました。

それぞれが断片的な情報カードを持っていて、それを共有しながら共通の課題を全員で解決するワークです。しかし、情報カードは他人に見せてはならず、口頭で情報を伝えなければいけません。
ひとりひとりが持っている情報を共有しないと全体像が見えてこないので、チームでしっかりコミュニケーションを取りながら課題解決に努めなければなりません。

IMG_4862.jpg

今回は非常にスムーズに進み、時間内に課題を全てクリアすることができました!
成功率の高くないワークらしいので、全員とても喜んでいました。

今回のワークもですが、仕事のなかで「情報の共有」やコミュニケーションがうまくいかず、「自分はわかっているけど上司に伝わっていなかった」や、「全員が知っていることを自分だけ理解できていなかった」ということは起こりうると思います。
誰かにちゃんと情報を共有できるように工夫したり、自分だけわかっていないと気付いたときに質問したりするなど、仕事のなかでもしっかり意識していきたいですね。

後半は、「観察力」について。
仕事のなかで、商談や接客、クレーム対応、社内での会議、相談などのコミュニケーションのときに知っておきたい「観察力」について学びました。

相手の心情や状況を理解して整理し、適切に対応するためのコツなどを教えてもらいました。

その人が意識的に発した「言葉」の裏に、見えない無意識があることを理解したうえで、よく観察し、相手の本当に求めていることなどをしっかり理解することや、相手の反応(フィードバック)の見方などを学びました。

全12回の新入社員カレッジも7回まで終了し、後半戦に突入しています。
最後まで頑張っていきましょう!
posted by adash at 10:34| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

「雑談について雑談する会 特別編」イベントを開催しました!

こんにちは、A´ワーク創造館スタッフの鍋島です。

先週木曜日、まちライブラリー@A’ワーク創造館とFUNADEのコラボイベント 「雑談について雑談する会 特別編」を開催しました!

改めまして、「まちライブラリー@A’ワーク創造館」について、簡単にご紹介いたします。
当館を入ってすぐ、1Fのエントランスコーナーにあるのが「まちライブラリー」です。

IMG_3261.jpg

「まちライブラリー」は、「まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら「人」の縁をつむいでいく活動」です。
(まちライブラリー公式HPはこちら

A’ワーク創造館の周りには本屋や図書館がないため、館内にまちライブラリーを作ることで、「本を通じての交流」が生まれるように作られたそうです。
館内の本の貸し出しだけでなく、数ヶ月に1度、イベントを行い、交流できる場を設けています。
イベントの内容は、本に関することや、ボードゲーム、短歌など、ジャンルは様々です。

*過去のイベントの様子
IMG_4511.jpg

IMG_2412.JPG

そして、このまちライブラリーがあるエントランススペースで新たに始まったのが「お仕事のりかえポート FUNADE」です。
同じ職種で会社を変える転職ではなく、「新しい職種に1からチャレンジしたい」という方のサポートに特化した拠点になります。
「全然違う職種に変わりたい」「専門性のある職業にチャレンジしたい」そんなふうに思っている方の役に立つような、下記の機能をそろえた場所を目指しています。

せっかくFUNADEが新たにできたので、コラボ企画ができないかな、と思い、立ち上がったのが「雑談について雑談する会 特別編」でした。

この「雑談について雑談する会」はこれまで3回開催されてきました。
このイベントは、普段なかなか話せない、「職場とか学校で何喋ってる?」「雑談のこういうことで悩んでる」ということを、この機会に喋ってみませんか? という内容です。

「雑談」なので、脱線は大歓迎。テーマや最初に想定した内容からはずれていってもかまわない、という「ゆるい」企画ですが、毎回いろんな方のいろんな意見が聞けるので、個人的にはとても好きなイベントです。

今回はFUNADEとのコラボ企画ということで、「「新しい環境に飛び込む」ときに悩んでいること」がテーマでした。
「転職」にまつわる不安はたくさんありますが、キャリアや経験の話だけでなく、「入社後の人間関係」に不安を抱いている方もいるのではないかな、と思い開催しました。

雑談_イベントバナー小.jpg

当日は大雨にも関わらず、過去最大の人数が集まり、「雑談」についていろんなお話ができました。本当にありがとうございました!

単純に「雑談」と言っても、
「仕事を円滑にするための雑談」と考える人と、
「休憩時間を楽しく過ごすための雑談」と考える人で考えが異なったり、

「会社の人に趣味をオープンにするかどうか」「キャラ作りをするかどうか」など、いろんな話題のなかで、様々な考え方が浮かび上がってきました。
この考え方に正解/不正解はありませんが、「いろんな考え方の人がいる」ということを知っていることはとても重要ではないでしょうか。

雑談の際に、「共通の話題を見つける」と話が弾む、というコツのようなものも聞けました。
また、「おとなしいと言われたくない」というお悩みに対して、「おとなしいは褒め言葉かもしれない」「大人っぽいという意味かも」という、新たな視点からの意見がでたりもしました。
仲の良い人に言えない悩みが、こういう他人同士の集まりでは言えたりするよね、というのもこの会で大事にしているポイントです。
ほかにもいろんな方の気になっていることや、悩んでいること、自分が見つけたコツなどを聞くことができました。

いつもの職場では会えない方と交流することで、世界が広がることもあると思います。今後のイベントは未定ですが、Facebookでは随時最新情報を発信していますので、チェックしていただければと思います。

まちライブラリー@ A’ワーク創造館、FUNADEともに、今後ともよろしくお願いします!

*まちライブラリー@A´ワーク創造館のFacebookページ
https://facebook.com/machilibraryadash

*「お仕事のりかえポート FUNADE」のFacebookページ
https://facebook.com/shigotofunade/
posted by adash at 17:33| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする