2019年03月19日

「FUNADE WORKSHOP #1 ZINEをつくってみよう」レポート

みなさんこんにちは!スタッフTです。
3月6日にFUNADEで実施した「ZINEをつくってみよう」ワークショップについてご報告します!

1.JPG

"Zine(ジン)"というのは、一般的に、非営利目的ではない、自費出版の冊子のことを指します。同人誌やリトルプレスとの明確な区別はなく、制作者が「これはジンだ」といえばジン、というようなざっくりとした定義です。
また、冊子とはいっても、一枚ぺらのものや、本のかたちをしていないものなど、内容も含め、表現方法は本当にさまざまです。

わたし自身、一番最初に自分でなにか本をつくったのは、小学4年生の頃のことで、星座がとても好きだったわたしは、88星座についての冊子を手書きでつくりました。
わら半紙を使って、半分に折ったものを束にしてホチキスで留める。そんな簡単なつくりのものでしたが、今思えば私が人生ではじめて作ったジンでした。

今回のワークショップでは、「ジン」の作り方をご紹介し、参加者はそれぞれ2ページを担当し、1冊のジンになるように原稿を作り、印刷し、丁合をするところまでをやっていきました。

「かけない!」となる参加者の方が出るかもしれないといつもいろいろ準備をしてワークショップに臨むのですが、今回の参加者の方はみなさん作業が始まると、ほぼ無言で一生懸命取り組まれていました(笑)
雑誌の写真を使ってコラージュしたり、使いたい文字を切り出したり。
短時間で、自分の伝えたいことにぴったりの素材を探し出していたのにも驚きました。
今回は白黒印刷でしたが、白黒にするにはもったいないぐらいカラフルなページも!
2.JPG

3 half.jpg

原稿ができたら、印刷。
この数年、"Zinester(ジンスター、ジンを作る人のこと)"の間でも人気の出てきている「リソグラフ」という印刷機を使って印刷しました。
学校やオフィスで見たことがあるという方も多いと思いますが、このリソグラフが人気の理由は、インクのムラやカスレ、2色以上の印刷をした際に生じる印刷のずれなど、印刷物がどれも同じように印刷されない個性的な仕上がりにあります。

4.JPG

印刷が終わったら、みんなで「丁合」します。
これは、印刷された用紙を、本のように真ん中で降り、ホチキスなどで止め合わせたときにきちんとページ順に重なるように集めることです。
(ここで用紙を重ねる順番を間違えると、ページ順がめちゃくちゃになってしまいます!)
丁合を終えたら、ホチキスで真ん中を閉じたり、糸で縫い合わせて完成!
今回みんなでつくったジンは、FUNADEブースにて配布しています。ぜひ手に取ってご覧ください。


5.JPG

6.JPG

ジンのいいところは、気軽にできること。
うまくなくてもいい、おしゃれじゃなくてもいい。
(ジン=おしゃれというイメージがある方も多いかと思いますが...)
自分がかきたいことを自由にかいていくこと、それを誰かとシェアするということに醍醐味があります。
紙とペンさえあればどこでも、誰でもつくることができるジン。
ぜひ、みなさんも挑戦してみてくださいね!

<FUNADE 今後のワークショップのお知らせ>
「言葉のトレーニング」
3月20日 19:00〜21:00
参加費:500円(茶菓子付) 定員:10名

お申し込みは
電話(06-6562-0410)
またはメール(office@adash.or.jp)で、お願いします!
posted by adash at 12:03| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

エクセル新標準コース2 終了しました!

先日終了しました「エクセル新標準コース2」を受講したスタッフからのレポートです!

エクセル新標準コース1」から、引き続き「エクセル新標準コース2」を受講させていただきました。

エクセル新標準1でエクセルの面白さを感じて、エクセル新標準2も同じく1日3時間の6回コースに参加しました。
講師の先生は前回と同じ、優しい近藤先生で安心して授業内容を聞くことができました。

IMG_6895.jpg

質問や作業が引っかかって流れについていけない時に、前回では遠慮をして手をあげることがなかなか全部はできませんでしたが、今回はできるようになりました。
これも、近藤先生の「すぐ手をあげていいのよ。」という、お声がけしてくださったおかげです。ありがとうございました。

関数は使いこなすことが、なかなか難しく思われましたが、最終日のピポットでは、こんなに便利なものがあるのかと、思わず使い道をあれこれ考えてしまいました。
グラフも使い慣れたら、簡単にいろいろ楽しめる表現ができそうです。

最終的な結論としては、何度も何度も同じ作業をやっていくうちに使いこなせるのだと思い知りました。使わないと、すぐ忘れそうです。教室の他の方も話されていましたが、「なかなか覚えられないので、同じ講座を何度も聞きたいよね!」に、若い方も覚えるのが大変なんだと知りました!

IMG_6894.jpg

2回目の講座は、以前と殆ど同じメンバーでしたので、教室の雰囲気にもようやく慣れて、声もかけられるようになりました。若い方が、お友達のグループができて一緒に頑張れるのは、心丈夫だろうなと思い、談笑も微笑ましく感じられました。

A´ワーク創造館には、他にもいろいろ自己啓発のような講座もあり、求職活動のかたわら精神面も鍛えたいと、受講を希望されている方も多いようです。

迷われている方は、是非参加をしてみてください!!


「エクセル新標準コース2」よりも基本的な部分から学ぶ「エクセル新標準コース1」は来週から平日の夜間コースが始まります。
まだ少し空きがありますので、基本からしっかり学びたい!という方はぜひチェックしてみてください!

エクセル新標準コース1

日 程:2/26、28、3/5、7、12、14、19、26、28
曜 日:火・木
時 間:19:00〜21:00
受講料:21,600円

【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 11:58| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

A´ワーク創造館への行きかた

こんにちは。スタッフの鍋島です。

A´ワーク創造館は多くのお客様からお電話で問い合わせをいただきます。

お問い合わせの多くは講座の内容ですが、それ以外に非常に多いご質問が
「どこにあるんですか? 最寄り駅は?」
「駅からはどうやって行けばいいんですか?」
というご質問です。

また、開講初日「道に迷ったので遅れます」というお電話もございます…。

せっかくお申し込みしてくださった方が、道に迷って授業に遅れるのはもったいない…皆さんに迷わず、スムーズに、A´ワーク創造館に辿りついてほしい!

まず、最寄り駅はJR環状線の芦原橋駅です。
実際は南海汐見橋線の芦原町駅が近いのですが、30分に1本しか電車が無いため、多くの方が芦原橋駅から来られます。

芦原橋駅からの地図はこちらです。

map17.jpg


これを見てたどり着ける方は問題ありませんが、私は方向音痴なので、これだけではおそらく迷います。

ということで、おそらくスタッフで一番の方向音痴(私)が作成した「A´ワーク創造館 JR環状線芦原橋からの行きかた動画」をご紹介します。



*南海「芦原町」駅は0:50 あたりの線路の右側に少し映っている駅です。
 芦原町駅から来られる方は0:50〜再生してください。
 

しかしながら、「動画の再生って面倒だなあ」と思う方もいらっしゃると思います。通信制限でスマートフォンの動きが遅くなっているときも動画は避けますよね。

ということで、改めてここに案内を載せますので、この通りに進んでいただければと思います。

@JR環状線 芦原橋駅 北改札口を出ます
(芦原橋駅は快速が止まらないので注意!)

001.PNG


A駅を出て左(自転車保管所のある方)に向かいます
 看板が出ているので、その通りに進みましょう

002.PNG



B信号を渡ってまっすぐ進む
 線路沿いの大きな信号をまっすぐ渡りましょう

003.PNG



C自転車保管所の看板を目印に左に曲がります
 看板の矢印に従いましょう

004.PNG


D左手に自転車保管所がありますが、そのまままっすぐ
 右手には南海の「芦原町」駅があります。
 左手の自動車教習所を横目にまっすぐ進みます。

005.PNG


E信号を渡ってまっすぐ進む

006.PNG


F芦原高等技術専門校前で右に曲がる
 この建物に間違えて入る方が多いらしいですが、ここではありません。

007.PNG


G「A´ワーク創造館」に到着!

008.PNG


門から入って、奥の建物にお入りください。
入ってすぐ左手に受付がございますので、スタッフにお声がけくださいね。


これを見て、迷わずスムーズに余裕を持って到着し、授業に集中してくださいね!
ラベル:道案内
posted by adash at 15:21| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

図案・柄のデザイン〜テキスタイルデザイン基礎〜レポート

昨年12月から始まった「テキスタイルデザイン基礎」講座。
今回は、「子ども服のテキスタイル」と「ボタニカル」の柄の講座の様子をご紹介します。

この講座は、デザインについてだけではなく、Adobeソフトの「イラストレーター」をまったく使ったことがない方でも、講師の畠先生が丁寧に操作方法を教えてくださるので、とってもおすすめ。
わたしもイラストレーターを使いはじめて5年ほど経ちますが、「知らなかった!」という小技を学んでいます(笑)
デザインについて学びつつ、イラストレーターにも触れられる一石二鳥な講座です。

フリー素材の写真や、自分が撮った動物の写真をイラストレーター上でトレースしていくという内容ですが、トレースの仕方ひとつとっても、それぞれ個性が出ていました。

animal pattern.jpg

そして、4回目となった講座では、「花」をスケッチし、デフォルメしてパターンに落とすという一連の作業に挑戦。
「デフォルメのコツ」を教わり、「○○風」のデザインにしていくという内容で、レトロなデザインのもの、刺繍風のもの、切り絵風のもの、ステンドグラス風のものなど、いろいろな図案が出てきていました。

botanical pattern.jpg

とても勉強になったのが、「デフォルメのコツ」。
自分でも落書きをしたりするときにやっている作業ではあるものの、言語化して他人にプロセスを説明することなんて、なかなかありませんよね。

そういう視点で世の中のデザインを観察するととてもおもしろいです。
(観察してみたところで同じようにはなかなかできないものですが…)
折り紙やマーカーを使って、仕上げていきます。

こちらも動物柄同様、テーマは同じでも、全然違うものができあがっていきます。
先生の講義内容から学ぶことはもちろん多いのですが、受講生のみなさんのデザインを見ることでも、自分では考えつかないようなアイデアや発見がたくさんあります。
次回の講座は「和」の模様。どんなアイデアと柄が出てくるのか、とてもたのしみです。



「文字と柄シリーズ」講座のお知らせ

文字組みのデザイン基礎講座
3/12、19、26(火)19:00〜21:00
デザインをしていて、フォント選びや、文字のサイズのことで悩んだことのある方にはオススメの講座です!
(Illustratorを使用します)


まだ空きがありますので、お早めにお申し込みください!


【講座のお申し込み方法】
A´ワーク創造館の講座にお申し込みする際
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 15:35| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

プレゼン力を高める「講談の話術力」講座 終了しました!

みなさんこんにちは!
突然ですが、みなさんは「講談師」に直接会ったことがありますか?
「講談師」ってそもそもどんな人?落語師とどうちがうの?
という方もいらっしやるかもしれませんね。

この「プレゼン力を高める講談の話術力」の講師の玉田 玉秀斎先生は、上方(関西圏)には約2〜30人しかいないといわれる講談師のおひとりです。

玉田先生.jpg

講談とは、フィクションで「オチ」のある落語とは異なり、歴史などを伝える話芸の一つです。

擬音をふんだんに使い、独特のリズムで聴衆を惹きつける、それが講談です。
冒頭で、玉田先生が講談について説明してくださるのですが、それがまた、「へぇ〜〜!」の連続で、とてもおもしろく、しかもためになるというお得感満載のトーク。

正直「講談」と「プレゼン力」がどう関係するの?と訝しがりながら参加した(先生、ごめんなさい!)のですが、はじめの10分でとても納得しました!(笑)

初回は「修羅場読み」という練習法で読み方を中心に学ぶのですが、これがなかなか難しいのです。でも、先生がポイントを押さえたアドバイスをしてくださり、最初と最後ではみなさん明らかに読み方が変わっていました!

2回目の内容は、それぞれの受講生のみなさんで自己紹介文を作成して、それを実際に読んでいく、というものらしいのですが、講談風に自己紹介している人がいたら、絶対にあとで声をかけてしまうだろうなと思うくらいおもしろく、もっと話を聞きたくなる添削をしてくださいますよ。
聴く人の心を「つかむ」にはもってこいの講座ではないです。

この他にも、おもしろい「コミュニケーション講座」をご用意しています。
ぜひチェックしてみてくださいね!


★A´ワーク創造館のコミュニケーション講座

「目で見てパッと伝わる」図解活用術

日 時:2/18、25、3/4、11(月)
    19:00〜21:00
受講料:11,340円

自分とうまく付き合うためのセルフコーチング講座

日 時:3/16(土)10:00〜17:00
受講料:11,880円

【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 14:01| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

エクセル新標準コース1 終了しました!

先日終了しました「エクセル新標準コース1」を受講したスタッフからのレポートです!


「エクセル新標準コース1」に受講させていただきました。
「我流で今のところなんとかなっている方、いまいち自信がもてない方が対象です。」という説明にひかれて、是非にと1日3時間の6回コースに参加。久し振りの講座に、毎回 ドキドキ・ハラハラ・緊張でポカをしたりの連続でした。

講師の近藤先生は、内容を分かり易く説明していただき、おおらかに接していただいたおかげで、最後まで何とか勉強することができ、感謝しております。

以前、使っていた方法をしばらく使わなくなっていて忘れていたりしたことや、全く新しいことを教えていただき、エクセルの面白さを十分に感じることができました。

早速、今の仕事の事務処理に使わせていただきました。

私のように、しばらく利用しなくなって忘れている方法等を最確認するためにも、自信を持つためにも、何かにチャレンジしたい方にこの講座をお勧めします。


また、この「エクセル新標準コース1」は2月に平日の夜間コースが開講します!
「我流で今のところなんとかなっている方、いまいち自信がもてない方」あらためて基礎を見直してみませんか?
お申し込み受付中です!

エクセル新標準コース1
2/26、28、3/5、7、12、14、19、26、28
毎週火・木曜日 19:00〜21:00
受講料 21,600円

【講座のお申し込み方法】
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 10:29| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

「怒りの感情をコントロールしよう」レポート

ワーク03.jpg

「怒り」の感情って、悪いもの?

そんな質問から始まった講座「怒りの感情をコントロールしよう」ですが、みなさんは、「怒り」とどう付き合っていますか?

ためてためて、爆発させてしまう、すぐにイライラしてしまう、
いつまでたっても根に持ってしまう、など、
様々なカタチで「怒り」にお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

この講座では、そんな「怒り」の正体を分析し、上手に付き合っていく方法を学びます。
受講者それぞれが、自らの怒りにまつわる体験をもとに、「3つの暗号」を使ってその正体がなんなのかを考えるワークをしていきます。

ワーク02.jpg

日々の訓練は必要になりますが、自分の怒りの感情を紐解くくせをつけると、他人の怒りにも対処がしやすくなりますし、自分の感情にもより気づくことができるようになります。
そのことで、自分とも周囲ともより円滑にコミュニケーションが取れるようになるんだなぁと、講座を見学して感じました。


講師は、ライフキャリアデザイナー・つながるラボ主宰の緒方幹代先生。
来年1月には「マインドフルネス体験ワークショップ」や「NLP入門講座」といった講座がありますので、ぜひチェックしてください!


「マインドフルネス体験ワークショップ」


「NLP入門講座」



【講座のお申し込み方法】
A´ワーク創造館の講座にお申し込みする際
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 10:46| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

図案・柄のデザイン〜テキスタイルデザイン基礎〜 第1回レポート

12月8日(土)から始まった「図案・柄のデザイン〜テキスタイルデザイン基礎〜」講座。
第1回目の様子をレポートします!

IMG_20181210_174251_539.jpg


講師はプリズムデザインラボ代表の畠健太郎先生。
畠先生は、これまでファッションやグラフィック業界でのご経験を活かし、NPO活動や福祉分野でのコンサルタントとしても活躍されています。

今回の講座では、織物のデザインと、ドットを使ったデザインを考えていきました。
好きな色の折り紙に、ドットのシールを貼り付けパターンをつくるという内容。特にランダムなドット柄は、どこか一部にドットが偏ったりしがちで、意外と配置が難しいんです!

IMG_4699.jpg

IMG_4700.jpg

できあがったものをみんなで共有していると、先生がポツリ。
「みんなでつくったものを共有していると、将来自分がデザインをするときの引き出しになる。
 ●●さんだったら、こんな感じのものをつくるだろうな、というのがヒントになったりする。」
より多くの人のデザインや、デザインをするときの「クセ」みたいなものを観察することが、自分自身のデザインの肥やしになるんですね。

これからの講座で、どんなデザインが生み出されていくのか、とても楽しみです!



★この講座はA´ワーク創造館の「デザイン講座」シリーズです。
今回は「柄」に関する講座ですが、「文字」に関する講座が来年予定されています。

文字組みのデザイン基礎講座
3/12、19、26(火)19:00〜21:00

デザインをしていて、フォント選びや、文字のサイズのことで悩んだことのある方にはオススメの講座です!

また、デザインの際に「色」で悩んだことのある方には以下の講座もございます。

はじめての色彩講座〜基礎&実践編
1/17〜3/28(木)19:00〜21:00
*3月21日は休講

いずれもまだ空きがありますので、お早めにお申し込みください!


【講座のお申し込み方法】
A´ワーク創造館の講座にお申し込みする際
@電話(06-6562-0410) 
AFAX(06-6562-1549) 
Bメール(office@adash.or.jp) 
C申し込みフォーム(http://www.adash.or.jp/apply_1day ) 
の4つのお申し込み方法がございます。
ご自身の利用しやすいものをお選びください。
posted by adash at 11:54| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

「質問について質問する会」イベントレポート

こんにちは。A´ワーク創造館、スタッフの鍋島です。

先日、まちライブラリー@A´ワーク創造館で開催された「質問について質問する会」のレポートです。

「まちライブラリー@A’ワーク創造館」は、当館を入ってすぐ、1Fのエントランスコーナーにございます。

写真1.jpg

そして、11月から本格始動しました「お仕事のりかえポート FUNADE」も同じくこのエントランススペースにございます。

45657551_485754585252607_5378707284174045184_n.jpg

45673468_485754545252611_3085524318130536448_n.jpg


今回のイベントはこの「お仕事のりかえポート FUNADE」とのコラボ企画として、「質問について質問する会」を開催しました。

タイトル通り、今回のテーマは「質問」。
仕事のなかで、たとえば上司に「正直わからないけど、今さら聞けない…」ということや、逆に後輩や部下に対して、「もっと気軽に質問してほしい…」ということはありませんか?
また、デザイナーやWeb制作などの仕事では、お客様の要望をうまく引き出すための質問が必要だったり、ライターなら取材のときに「質問」が不可欠だったり、いろんな仕事で「質問」が必要です。

今回の進行は枚岡治子さん。
まちライブラリーではいつも「雑談について雑談する会」の進行をしてくださっていますが、パソコンインストラクターやフリーライターとしても活動されています。
枚岡さんによると、パソコンインストラクターのときは「いかに質問してもらうか」に苦心し、フリーライターとして取材をするときは、「いかに質問するか」に苦心しているとのこと。
その経験談をとっかかりに話しはじめ、それぞれが苦労した話を聞いたり、自分で取り入れているコツなども共有していきました。
自分の失敗談を話すことで質問しやすい空気を作っているという方や、話す相手の世代やパーソナリティーに合わせたネタで心をつかむという方もいらっしゃいました。

そして、「質問」のためにはやっぱり「雑談」が役に立つということもわかりました。雑談のなかで得た相手の情報に合わせて、質問の仕方を変えたりもできるからです。

まちライブラリー.jpg


普段何気なく行っている「質問」ですが、話し合うといろんな悩みやあるあるが浮かび上がってきました。
2時間でしたが、まだまだ話は尽きないようでしたので、できればまた開催したいというお話も枚岡さんから出ていました。
今回気になっていて参加できなかった方は、ぜひ今後もイベント情報をチェックしておいてくださいね!

まちライブラリー@A´ワーク創造館 Facebookページ

★お仕事のりかえポート FUNADE
 Facebook

 Twitter

 Instagram
posted by adash at 10:32| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

会議の進め方・基本の一歩目 講座レポート

こんにちは。スタッフの鍋島です。

本日は11月12日に開催された「会議の進め方・基本の一歩目〜声の聴き方、まとめ方」の講座をご紹介します。

担当講師は、NPO法人Mブリッジ代表理事の米山哲司先生です。

IMG_5995.jpg

米山先生は、人と人をつなぐ中間支援NPOとして、産・官・学・民の異なる立場の方が参加する会議のよりよい対話を促進する役目を多数担われています。

A´ワーク創造館では、先日ブログで紹介しました「元放送局員から学ぶ『プレスリリース』作成術」講座や、来年2月の「アタマを柔らかくする『アイデア発想法』体験」などの講座を担当されています。



今回のテーマは「会議」ですが、皆さんは会議に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。もしかしたら、「つまらない」とか「面倒だ」と思っている方もいるかもしれませんね…。
また、「会議」と聞くと、ビジネスのなかでの、部署内での定例会議や、得意先とのミーティングなどの場面を思い浮かべる方も多いかもしれません。
先生によると、「会議」とは、「異なる人間同士でものごとを決めるために行うこと」、で、ビジネスの場面だけでなく、友人同士で「次の旅行どこに行く?」や、同僚との「今日のランチはどこに行こう」というものも「会議」だそうです。PTAや自治会などでも会議をする場面が多いのではないでしょうか。
そして本来、「みんなでひとつのものごとを決める」ことは楽しいはずなのに、なぜ会議がつまらなくなってしまうのでしょう。

この講座では、会議の目的を見直したり、結論がまとまらないときに使えるテクニックを学んだりします。

この講座に参加したことで、自分が会議を主催するときに困っていたことを振り返り、参加者だけでなく、こちらの呼びかけ方や進行にも問題があることに気がついたり、参加者としても自分のふるまいを見つめなおす機会になりました。

担当してくださった米山先生、ありがとうございました!

IMG_5994.jpg

★米山先生が担当される「アイデア発想法」講座申し込み受付中ですので、ぜひお早めにお申し込みください。

アタマを柔らかくする「アイデア発想法」体験
http://www.adash.or.jp/863
2/16(土)10:00〜13:00
受講料:3,240円
ラベル:ビジネス
posted by adash at 13:17| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする