2018年09月18日

「目で見てパッと伝わる」図解活用術 終了しました!

こんにちは、A´ワーク創造館 スタッフの鍋島です。
今回は先日終了した「「目で見てパッと伝わる」図解活用術」のレポートです。

講師はグラフィック・デザイナーの岩田 直樹先生です。
デザインの仕事だけでなく、神戸芸術工科大学や国立明石高専で非常勤講師などを務めながら、事業経営者や一般の人に向けたデザイン系のワークショップを多数開催されています。

IMG_5446.jpg

「図解」を使えば、伝わりにくいことをパッと見た瞬間に伝えることができます。
たとえば、
@プレゼン資料に図解を取り入れて視覚的にわかりやすいものにする
A会議で出た色々な意見を図にまとめる
B自分の考えを整理したりする
など、様々な場面で利用できます。

図解そのものの知識ももちろんですが、図解で何かをわかりやすく説明するためには、情報をうまく整理する(グループごとにまとめる、分類する など)必要があるため、情報を整理する技術も身に付きます。

そのため図解だけでなく、要素を3つにわけて短い文章で説明する練習も授業内で行いました。
「江戸時代からタイムスリップしてきた人」に「写真」というものを説明する課題や、キャラクターの写真を見て、言葉で説明する課題も有り、授業で学んだことを活かしつつ、意見を出し合い、課題に取り組みました。

このように、授業内でほぼ毎回「ワーク」を取り入れています。これ以外にも、いろんなワークが授業内で行われました。
アンケートでも「程よくワークがあり、毎回着実に身に付く感じが良かった」という意見もいただきました。家で復習できるように、授業後に自宅で練習できるいろんな課題もテキストに記載されていました。

また、岩田先生のテキストは毎回、「図解」を取り入れた、とてもわかりやすく、丁寧なものになっているのが特徴です。

FullSizeR.jpg

図解があると重要なポイントがわかりやすいですね。

図解講座、次回は2/18〜とまだまだ先ですが、岩田先生は「広告制作&ディレクション入門」講座も担当してくださっています。こちらは「広告制作&ディレクション」についての講座ですが、このテキストにも、「図解」のテクニックが取り入れられていますので、そういった部分にも注目いただければと思います。
広告制作&ディレクション講座は11/8から始まります。ぜひお早めにお申し込みください!


IMG_5402.jpg
posted by adash at 16:18| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

エクセル実践〜データ分析編 終了しました!

こんにちは、A´ワーク創造館 スタッフの鍋島です。
今回は「エクセル実践〜データ分析編」のレポートです。
この講座は2018年前期講座からはじまった新規講座です。

講師は近藤由美子先生です。

IMG_5314.jpg

近藤先生はA´ワーク創造館の立ち上げ時よりお世話になっている先生です。様々な講座を企画からご担当いただいています。
当館では、エクセル講座を担当していただくことは多いですが、先生ご自身はフリーランスとして幅広くお仕事をされているため、当館の「フリーランス講座」にもお越しいただいております。


エクセル関連の講座は
 エクセル新標準コース1
 エクセル新標準コース2
エクセル実践〜データ分析編
 エクセル実践〜マクロ・VBA編
の4つで、今回の「データ分析編」はこの3つ目のコースとなります。

この授業では、エクセルの便利な分析機能を使いこなし、売上や顧客データなどの分析や、次の企画や目標を出すための数字の出し方などを学びます。

「実践編」ということで、エクセルの操作に慣れた方が対象となっています。

「新標準」コース2で学ぶ、絶対参照と相対参照、VLOOKUP関数やSUMIF関数などなど、エクセルの関数や便利な機能を活用してできる、分析の手法を学びます。
テキストは毎回分析の目的※があり、それに必要なエクセルの知識を身に付ける、という流れになっています。

※例)過去5年間の販売実績をもとに、来年度の売上高を予測したい
  新店舗の売上高を予測したい

分析をするためのデータの集め方や整理の仕方も含めて勉強します。
また、分析結果を資料として見せるときに必要なグラフや散布図についての内容も含まれています。

エクセルの関数は多数ありますが、この講座では「分析」という目標があるなかで使っていくことになるため、「なんとなく知っている関数」が、「○○に使うときに便利な関数」と、さらに理解が進み、復習にもなると思います。

ちなみに、気象庁等のデータは分析のためにダウンロードできたりするので、天気と店舗の売上の関係を知りたい、という方は、そういう既存のデータを使っても良いそうです。


ちなみに、今回の講座は12名の方が参加されました。
IMG_5313.jpg
受講生の人数が多いので、アシスタントの先生にも入っていただき、わからないところがあれば質問できるような形式でした。
聞き逃したり、操作が遅れてしまったときにすぐに質問できるので、置いてけぼりにならずに済みます。

また、データ分析の内容はもちろん、授業では便利な小技などにも言及してくださるので、長らく独学でエクセルをやっていた方なども、作業時間短縮になるような、効率の良い方法を知ることができると思います。

私は仕事でパソコンを触り始めて6年目ですが、ほぼ独学で、仕事で必要な部分だけその都度教えてもらったり、検索したりして覚える、というやり方だったため、講座を受けてみると、意外と初歩的なことを知らないことに気付きます。

たとえば「フィルハンドル」(セルの右下の小さな■)にポインタをかざしたときにでる「+」マークを引っ張ると、連続データを入力したり、数値や書式をコピーできたりする、ということまでは知っていたのですが、
その「+」をダブルクリックすると、自動的に最終行までデータが入力される、ということは知りませんでした。
扱うデータ数が少ない内は問題ありませんが、千件以上あるデータでも、毎回「+」を下まで引っ張っていたのです。
小さなことですが、積み重なると時間のロスにもつながるので、便利な小技はどんどん覚えていきたいですね。

後期もこの「エクセル実践〜データ分析講座」は開講を予定しております。
「分析はやってみたいけど、意外とエクセルの基礎、わかってないかも」という方は、これを機会に、新標準コース1、新標準コース2から学んでみるのも良いかもしれません。

後期講座、発表されていますので、ぜひいろいろチェックしてみてくださいね。
A´ワーク創造館 2018年後期講座
posted by adash at 11:44| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

新入社員カレッジ第5回&第7回レポート

新入社員カレッジ、第5回目、第7回目のレポートです。

第5回目、第7回目を担当してくださった講師はA´ワーク創造館でキャリアコンサルタントとして活躍している、梅山先生です。

IMG_4693.jpg

まず、第5回目のテーマは「キャリア形成」。

「適職」という言葉の定義を学び、適職診断ツールを使用して、自分の「適職」を理解します。
「適職」は@興味・関心 Aできること・得意なこと B価値観 が重なる職業のことです。
今回は@の興味関心を診断するツールと、Bの価値観を診断するツールを使用して、それぞれ自分の適職について考えていきます。

興味関心ツールを使用すれば、
社会的興味、研究的興味、芸術的興味…などの6つの興味分野のなかで、自分が何に興味があるかがわかります。

価値観を診断するツールでは、
専門分野を極めたい/管理職などで組織をうまくまわしたい/新しいことを創造したい…などを含む8つの価値観から、自分が何を大切にしたいかを再認識できます。

今回の参加者は、自分の現在の職種と適職が概ね一致している方が多かったように思います。
また、最後には10年後のキャリアビジョンを書いていただきました。
 ・今年中に達成したい事
 ・3年以内に達成したい事
 ・10年以内に達成したい事
に分けて目標を書いてもらいます。
何ができるようになりたいのか、どんな人になりたいのか、どういう風に仕事がしたいのか、などを言語化すると、日々の取り組み方が変わってくると思います。

また、幅広い年代のキャリアコンサルティングを担当してこられた梅山さんから、世代間の考え方の特徴なども教えてくださいました。


続いて、第7回目のテーマは「ビジネススキル」。
前半は課題解決のためのグループワークを行いました。

それぞれが断片的な情報カードを持っていて、それを共有しながら共通の課題を全員で解決するワークです。しかし、情報カードは他人に見せてはならず、口頭で情報を伝えなければいけません。
ひとりひとりが持っている情報を共有しないと全体像が見えてこないので、チームでしっかりコミュニケーションを取りながら課題解決に努めなければなりません。

IMG_4862.jpg

今回は非常にスムーズに進み、時間内に課題を全てクリアすることができました!
成功率の高くないワークらしいので、全員とても喜んでいました。

今回のワークもですが、仕事のなかで「情報の共有」やコミュニケーションがうまくいかず、「自分はわかっているけど上司に伝わっていなかった」や、「全員が知っていることを自分だけ理解できていなかった」ということは起こりうると思います。
誰かにちゃんと情報を共有できるように工夫したり、自分だけわかっていないと気付いたときに質問したりするなど、仕事のなかでもしっかり意識していきたいですね。

後半は、「観察力」について。
仕事のなかで、商談や接客、クレーム対応、社内での会議、相談などのコミュニケーションのときに知っておきたい「観察力」について学びました。

相手の心情や状況を理解して整理し、適切に対応するためのコツなどを教えてもらいました。

その人が意識的に発した「言葉」の裏に、見えない無意識があることを理解したうえで、よく観察し、相手の本当に求めていることなどをしっかり理解することや、相手の反応(フィードバック)の見方などを学びました。

全12回の新入社員カレッジも7回まで終了し、後半戦に突入しています。
最後まで頑張っていきましょう!
posted by adash at 10:34| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

「雑談について雑談する会 特別編」イベントを開催しました!

こんにちは、A´ワーク創造館スタッフの鍋島です。

先週木曜日、まちライブラリー@A’ワーク創造館とFUNADEのコラボイベント 「雑談について雑談する会 特別編」を開催しました!

改めまして、「まちライブラリー@A’ワーク創造館」について、簡単にご紹介いたします。
当館を入ってすぐ、1Fのエントランスコーナーにあるのが「まちライブラリー」です。

IMG_3261.jpg

「まちライブラリー」は、「まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら「人」の縁をつむいでいく活動」です。
(まちライブラリー公式HPはこちら

A’ワーク創造館の周りには本屋や図書館がないため、館内にまちライブラリーを作ることで、「本を通じての交流」が生まれるように作られたそうです。
館内の本の貸し出しだけでなく、数ヶ月に1度、イベントを行い、交流できる場を設けています。
イベントの内容は、本に関することや、ボードゲーム、短歌など、ジャンルは様々です。

*過去のイベントの様子
IMG_4511.jpg

IMG_2412.JPG

そして、このまちライブラリーがあるエントランススペースで新たに始まったのが「お仕事のりかえポート FUNADE」です。
同じ職種で会社を変える転職ではなく、「新しい職種に1からチャレンジしたい」という方のサポートに特化した拠点になります。
「全然違う職種に変わりたい」「専門性のある職業にチャレンジしたい」そんなふうに思っている方の役に立つような、下記の機能をそろえた場所を目指しています。

せっかくFUNADEが新たにできたので、コラボ企画ができないかな、と思い、立ち上がったのが「雑談について雑談する会 特別編」でした。

この「雑談について雑談する会」はこれまで3回開催されてきました。
このイベントは、普段なかなか話せない、「職場とか学校で何喋ってる?」「雑談のこういうことで悩んでる」ということを、この機会に喋ってみませんか? という内容です。

「雑談」なので、脱線は大歓迎。テーマや最初に想定した内容からはずれていってもかまわない、という「ゆるい」企画ですが、毎回いろんな方のいろんな意見が聞けるので、個人的にはとても好きなイベントです。

今回はFUNADEとのコラボ企画ということで、「「新しい環境に飛び込む」ときに悩んでいること」がテーマでした。
「転職」にまつわる不安はたくさんありますが、キャリアや経験の話だけでなく、「入社後の人間関係」に不安を抱いている方もいるのではないかな、と思い開催しました。

雑談_イベントバナー小.jpg

当日は大雨にも関わらず、過去最大の人数が集まり、「雑談」についていろんなお話ができました。本当にありがとうございました!

単純に「雑談」と言っても、
「仕事を円滑にするための雑談」と考える人と、
「休憩時間を楽しく過ごすための雑談」と考える人で考えが異なったり、

「会社の人に趣味をオープンにするかどうか」「キャラ作りをするかどうか」など、いろんな話題のなかで、様々な考え方が浮かび上がってきました。
この考え方に正解/不正解はありませんが、「いろんな考え方の人がいる」ということを知っていることはとても重要ではないでしょうか。

雑談の際に、「共通の話題を見つける」と話が弾む、というコツのようなものも聞けました。
また、「おとなしいと言われたくない」というお悩みに対して、「おとなしいは褒め言葉かもしれない」「大人っぽいという意味かも」という、新たな視点からの意見がでたりもしました。
仲の良い人に言えない悩みが、こういう他人同士の集まりでは言えたりするよね、というのもこの会で大事にしているポイントです。
ほかにもいろんな方の気になっていることや、悩んでいること、自分が見つけたコツなどを聞くことができました。

いつもの職場では会えない方と交流することで、世界が広がることもあると思います。今後のイベントは未定ですが、Facebookでは随時最新情報を発信していますので、チェックしていただければと思います。

まちライブラリー@ A’ワーク創造館、FUNADEともに、今後ともよろしくお願いします!

*まちライブラリー@A´ワーク創造館のFacebookページ
https://facebook.com/machilibraryadash

*「お仕事のりかえポート FUNADE」のFacebookページ
https://facebook.com/shigotofunade/
posted by adash at 17:33| Comment(0) | 事務局日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

とっさの判断力を速める「舞台俳優の即興力」講座 第2回レポート

こんにちは、スタッフの鍋島です。

とっさの判断力を速める「舞台俳優の即興力」講座、第2回目のレポートです。

第1回目のレポートはこちら


まずは、植村先生のほかの授業でも取り入れている「しりとり」のワーク。
普通にしりとりをするのではなく、相手の目を見て行います。

さらに、「ワンワード」という、複数人でひとつの物語を文節ごとに区切ってストーリーを作り上げるものです。
桃太郎であれば「昔々」「あるところに」「おじいさんと」のように、一人ずつ発言していくのですが、途中でストーリーを変えてもかまいません。
たとえば、「山へ」「登山に」「行きました」「登山中」…のように、途中で話が逸れても前の人の発言に乗っからなければいけません。
また、面白いことを思いついてもタイミングが悪ければその考えを捨てることも重要です。

先週の「Yes,and」、今週の「しりとり」「ワンワード」で鍛えた力はいろんなところで応用できるとのことです。

IMG_4686.jpg

ここからいよいよ「即興」をやっていきます。

まずは、1対1で行う即興です。

1人(Aさん)が座っているところに、もう1人(Bさん)が話しかけて会話をするワークです。
このAさんとBさんは打ち合わせ無しで会話を始めなければいけません。

BさんはAさんに話しかけるとき、「設定」をわかりやすくするヒントを投げてあげるのがコツです。

たとえば、Bさんが「お姉ちゃん、ここにあった私の服着ていったでしょ」と話しかければ、Aさんは、自分は「姉」の役で、Bさんは「妹」役として話しかけてきたのだな、と察知し、全力で設定に乗っかります。
「え?勝手に着たらあかんの」など、この「お姉ちゃん」が言いそうなことを返し、そのまま会話を続ける、というものです。
1人2回挑戦します。1回目と2回目は設定を変えなければいけません。

最初は「難しそう」と言っていた受講生の皆さんでしたが、やってみると全員が個性豊かにいろんな設定を演じていました!
何かを演じて話すことは、普段は全くできない経験ですが、やってみると楽しいですね。


次に2対1で行う即興です。

AさんとBさんが会話をしているところに、Cさんは途中から入っていかなければいけません。しかも、AさんとBさんの会話の流れを大きく変えるような入り方です。

AさんとBさんもただ話すだけではなく、「お題」に沿って会話を始めます。

お題が「花嫁」であれば、
A「○○、今度結婚するねんて」
B「え? 結婚式呼ばれた?」
A「ごめん、呼ばれてなかった…?」
のように話します。共通の友人の結婚式に呼ばれたか呼ばれていないかで気まずくなる友人という設定を即興で作り上げていきます。
そこにCさんが、結婚が破談になった友人○○として登場する、という流れです。

このワークでも全員独特の設定を演じていました。
「普段人と話すのが苦手」、と言っていた方も、即興のなかで生き生きと話していたのが印象的でした。

IMG_4688.jpg
posted by adash at 12:50| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

とっさの判断力を速める「舞台俳優の即興力」講座 開講しました!

こんにちは、スタッフの鍋島です。

とっさの判断力を速める「舞台俳優の即興力」講座、開講しました!

この講座は今期からはじまった新規講座です。
「とっさの判断」、苦手な方も多いかもしれませんが、克服しようにもどうすれば良いかわからないという方が多いのではないかと思います。そんな方のために開設された講座です。
少し珍しいタイプの講座ではないでしょうか。

担当してくださるのは、演出家の植村好宏先生です。

植村先生はプロの役者・演出家として、舞台をはじめテレビやラジオなどの世界で活躍されており、演劇の手法を取り入れた表現・コミュニケーション教育を様々な教育機関などで実践されています。
また、2009年にはアクトリーグ日本シリーズで優勝、即興日本一になり、MVPも獲得されています。
植村先生は当館のコミュニケーション講座や、今期の「新入社員カレッジ」のグループワークも担当されています。

IMG_4649.jpg


座学はほとんどなく、ワークをどんどんやっていくような内容です。今回は3つのワークで、アウトプットのトレーニングを行いました。
自宅でも練習できる、紙に書くようなトレーニングや、2人組、3人組になってコミュニケーションを取ったり、話をするようなワークもありました。
受講生同士、ワークを通じて非常に盛り上がり、活気のある講座になっていました!

受講生の中には、数年前に植村先生の講座を受けて、そのとき先生に言われた言葉に救われたと話されている方もいらっしゃいました。
A´ワーク創造館の講座が、日常や仕事のなかでのお悩みの助けになるのは嬉しいですね。

全3回、最後までよろしくお願いします!

IMG_4650.jpg
posted by adash at 10:57| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

新入社員カレッジ 第3回のレポートです!

こんにちは、スタッフの鍋島です。
4月からはじまった新入社員カレッジ、第3回の授業風景をお伝えします。

*第1回 直井先生の授業レポートはこちら


この講座は複数の講師の方に来ていただいています。
チームビルディング、グループワークなどの分野を担当していただくのは、演出家の植村好宏先生です。
植村先生は、プロの役者・演出家として、舞台をはじめテレビやラジオなどの世界で活躍されています。
一方で、ミュージカルスクール主任講師として “地域市民ミュージカル” の演出を手掛けたのち、2003年に(特活)音楽劇場ミューを立ち上げ、演劇の手法を取り入れた表現・コミュニケーション教育を様々な教育機関などで実践してされています。

写真2.JPG

そして、本日のテーマは即興(アドリブ)。アドリブ力を鍛えることで、判断力や決断力、対応力がつきます。
植村先生は2009年にはアクトリーグ日本シリーズで優勝、即興日本一になり、MVPも獲得されています!その先生から「即興(アドリブ)」について教えてもらえるという、非常に貴重な機会でした!

植村先生の授業は「ワーク」を中心に進みます。
最初はアウトプットの練習。
90秒間で、白い紙に思いつく限りたくさん言葉を書いていきます。
(テーマが「動物」なら、犬、猫、馬…など)

「動物」がテーマのとき、90秒あると、たとえば最初に「干支」を攻めよう! と思って書いていても、12匹で詰まってしまうのですが、「じゃあ海の生き物で考えてみよう」「動物園にいるもので考えてみよう」など、視点をどんどん変えていくとたくさん書けるようになります。
他にも、「自分の部屋にあるもの」「知っている人の名前」「他者から見た自分のイメージ」などのテーマで同じようにどんどん書いていきました。詰まったときに一旦落ち着いて視点を変える、という部分は緊張で頭が真っ白になったときにも使える技です。

次に、「クレーム即興」というワークを行いました。実際にクレームを受けた場面を再現するというものです。
大筋の流れは決まっているけど、もちろんセリフは決まっていません。
クレームを言っているお客様の言い分、店員側の言い分の両方を理解しながら進めることが重要です。

3つ目のワークは、「No, but」「Yes, and」のコミュニケーション。
何を提案されても断って新しいアイデアを出す「No, but」と、相手の提案を受け入れたうえで自分の意見を上乗せする「Yes, and」の手法をワークで体験します。
もちろん相手が何を言うかわからないので、ここでも「アドリブ」で答えなければいけません。


最後に「ワンワード」というワークを先生も入れて5人で行いました。これまでのワークは2人でしたが、5人となると意思の疎通が難しくなります。
ひとつの言葉で話をつなげていくのですが、思いもよらぬ展開になっていくので、詰まってしまう場面もありましたが、なんとか着地点を見つけることができました。

写真1.JPG

植村先生の講座は6月に2つ開講します!
人前で話す時に役立つ「演出家のセルフプロデュース」講座

人の集まっている前でのプレゼンや説明・案内はもちろん、朝礼での一言や、初対面の人の前での自己紹介など、人前で話をする機会はどんな人にもよくあるものです。
この講座では、こういった人前で話す機会があるけど苦手という方のために、緊張のやわらげ方から、話を聞いてもらいやすくするために好印象を持ってもらうためのコツなどを学びます。

6/2、9(土)10:00〜13:00 全2回
受講料 7,560円


とっさの判断力を速める「舞台俳優の即興力」講座

仕事の様々な場面で「パッと」答えたり、判断しないといけない場面が苦手、という方におすすめの講座です。
準備のない中で「即興的に」反応できるようにするには一定のトレーニングが必要です。この講座では、経験豊富な舞台俳優を講師に、プロも練習で使う練習法を使って判断力を速めるためのトレーニングをします。

「即興力」に注目した講座はなかなか珍しいと思うので、ぜひチェックしてみてください!

6/12、19、26(火)19:00〜21:00 全3回
受講料 10,800円

posted by adash at 17:34| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

ワード、エクセルのリニューアル講座が開講しました!

こんにちは、A´ワーク創造館スタッフの鍋島です。
仕事のためにパソコンのスキルを身に付けたい、というとき、まず思い浮かべるのは、「ワード」または「エクセル」ではないでしょうか。

2018年前期は、このワードとエクセル講座を「新標準コース」としてリニューアルしました!
今まで以上に、仕事で実際に役立つような内容を目指して、仕事の現場で使うことをイメージしやすいオリジナルの練習問題を解きながら学んでいきます。

まず、「ワード新標準コース」の担当は株式会社コステック代表の三辻先生です。

IMG_4472.jpg


CAD、PC、情報全般の教育、人材教育など、幅広い分野で活躍されています。A´ワーク創造館の設立当初からお世話になっている先生です。

三辻先生の講座では、単にワードだけを使えるようになるのではなく、ほかのパソコンのアプリケーションを勉強しようと思ったときにも役立つ「学ぶ力」を重視していると最初にお話がありました。
この講座は全6回ですが、それ以降も役立つ知識が身に付くはずです!

また、ワードは単に文字を打つたけではなく、いろんなものに使えるという実例などもお話ししてくださいました。
「なんとなくワード」「なんとなくエクセル」という感じで来られている方もいるかもしれませんが、実際にどういったときに使えるかがわかったうえで学ぶと知識が身に付きやすいのではないかと思います。


そして、「エクセル新標準コース1」も同じ日に始まりました。
エクセル関連の講座は
 エクセル新標準コース1
 エクセル新標準コース2
 エクセル実践〜データ分析編
 エクセル実践〜マクロ・VBA編
の4つです。

今回の「エクセル新標準コース1」は初心者の方、我流で今のところなんとかなっている方、いまいち自信が持てない方を対象にしています。
こちらもオリジナルの練習問題を解きながら、入力、表計算、関数、グラフ作成、データベースの基礎、印刷といったエクセルの初歩的な機能をじっくり学んでいきます。

講師は近藤由美子先生です。

IMG_4477.jpg

三辻先生と同じく、A´ワーク創造館の立ち上げ時よりお世話になっている先生です。様々な講座を企画からご担当いただいています。また、先生ご自身はフリーランスとしてお仕事をされており、オフィス系のソフトだけでなく、グラフィックデザインやWebデザイン、ソフト開発、テキスト作成など、幅広い分野でお仕事をされています。

どちらの講座も、基本から学んでみると、「なんとなく使えていたつもり」でも案外知らないことが多いと気付かされます。面倒と思っていなくても、実はもっと作業を簡単にできることがわかったり…
小技を知っていると日常の操作がスムーズになって時間短縮にもなります。

全6回、基本からしっかり学んでいただければと思います!
よろしくお願いします。
posted by adash at 09:49| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

元放送局員から学ぶ「プレスリリース」作成術 講座終了しました!

こんにちは、A´ワーク創造館、スタッフの鍋島です。
先日開講いたしました「元放送局員から学ぶ「プレスリリース」作成術」講座のレポートです!

講師はPRプランナーの米山哲司先生です。
米山先生は三重県松阪市を拠点に活動しているNPO法人「Mブリッジ」の代表理事をつとめておられます。
三重県での活動が多い先生なので、大阪で学べるのは貴重な機会かもしれません。

IMG_4463.jpg

米山先生はNHK勤務時代にはプレスリリースを受け取る側であり、その後の企画会社では発信する側を担っており、現在はNPO法人として企業やNPOの広報支援なども行っています。
そういった経験も踏まえて、プレスリリースを取り上げてもらうコツについてお話ししていただきました!

まず、「プレスリリース」とは、報道機関に向けた情報の提供、発表のことです。
授業では、単にプレスリリースを書くための「テクニック」だけではなく、伝えたい「思い」の部分を重視した内容でした。この「思い」こそが人を動かすのだそうです。

また、プレスリリースを送ることが目的ではなく、プレスリリースを送ることで取材が来たり、告知記事が掲載されたりして、集客や知名度を向上することが目的です。

そのため、プレスリリースを出して終わりではありません。プレスリリースが届き、新聞社にイベントに取材に来ていただけることになったときにも、気を付けることがあります。ここまでしっかり聞けるのは単なるプレスリリースの書き方講座ではなかなかないかもしれません。
講座では米山先生が実際に出したプレスリリースと、掲載された記事を比べながら、当日の準備などにもしっかり踏み込んで教えてくださいました。

ほかにも、プレスリリースのタイトルの付け方についてのトレーニング法、一般紙以外の送り先はどうするか、新聞社に送るときとテレビに取材依頼するときの内容の違い、プレスリリースを読んでもらいやすい曜日や時間帯などの裏話も踏まえて、3時間しっかり教えてくださいました。
ありがとうございました!

IMG_4461.jpg

今回担当してくださった米山先生の授業は7月にも開催されます!

会議の進め方・基本の一歩目〜声の聴き方、まとめ方

今期からの新規講座です!
会社や組織での会議で「みんなの意見がちゃんと聞きだせなかったなぁ」「どうやったらもっと積極的に参加してもらえるだろう」そんなふうに思ったことのある方にオススメです。
この講座では、参加者に主体的に参加してもらうための会議の進め方の基本を学びます。セッティングや最初の導入から、問いかけ方、意見が出やすい工夫、まとめ方、全体の構成方法まで、基本を押さえるだけでも会議がグッと変わります。まずは第一歩からはじめましょう。
7/3(火)19:00〜21:00
受講料 3,240円


アタマを柔らかくする「アイデア発想法」体験

こちらは米山先生に長年担当していただいている講座です!

「私は頭が固くって、、、」という方でも、アイデア発想に役に立つツールを使ったり、色んな価値観の人とふれあうことで、普段は出てこない新しいアイデアを出すことができるようになります。
いつでも誰でも使えるような様々なアイデア発想法を試しながら、その使い方を学んでいただきます。
新商品や新サービスの企画を任されたけど、なかなかいいアイデアが出ない。いつもワンパターンや他の真似ばかりになってしまってオリジナリティを出せない、という方に特にオススメです。
7/4(水)10:00〜13:00
受講料 3,240円


興味のある方はぜひお早めにお申し込みください!
posted by adash at 15:27| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

2018年度、新入社員カレッジ開講しました!

こんにちは、A´ワーク創造館、スタッフの鍋島です。
今年も新入社員カレッジが始まりました!

新入社員カレッジは学生から社会人への切り替えと、定着サポートを目的とした、新しい新入社員研修企画です。

単なるマナー研修ではなく、社会人としての心構えやコミュニケーション、ビジネススキルなどの「社会人基礎力」を様々な切り口から学びます。講座は2週間に1度くらいのペースですが、4月〜9月までの約半年かけてしっかり社会人基礎力を学べる講座です。

私は新入社員ではないんですが、受講生の皆さんと年齢も近いこともあり、入社歴も浅いので、一緒に勉強させていただくことになりました。

第1回目を担当されるのは直井先生。
A´ワーク創造館ではセルフコーチング傾聴コーチングの講座など、コミュニケーション講座を担当されています。
新入社員カレッジでもメンタルヘルスを担当してくださいます。

001.JPG


第1回はオリエンテーションということで、この研修の目的やスケジュールの確認、また直井先生のこれまでのキャリアなんかもお聞きしつつ、メインは受講生の自己紹介でした。

仕事のことだけではなく、趣味のことも踏まえ、質問なども有りながら、それぞれ約10分程度に渡り、しっかり自己紹介を行いました。
今回少し人数は少ないですが、それぞれが非常に個性的で、いろんな趣味や特技を持っていることがわかりました。

今後のグループワークでも、受講生全員でしっかり力を発揮していけたらなと思います。

直井先生、ありがとうございました!
posted by adash at 14:59| Comment(0) | 授業風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする